iPhoneは素晴らしい。iOSもだ。アップルも私もそう思っている。これを読んでるあなたもきっとそうだろう。

iPhoneの使い勝手は買ってきたままの状態で既に驚くべきものだ。もしこれをもっと改良したいと思うのであれば、少しだけこの記事にお付き合いいただきたい。

私のようなガジェットオタクでも、何かを買ってきたらそのまま使うものだ。多くの人もデフォルト設定のまま使うだろう。アップル製品の場合ですら(あるいはアップル製品の場合は特に)買ってきたままの状態で完璧だと思う。製造者はなぜ設定調整に全力を注がないのだろうか? アップルの精神として、プロダクトはシンプルかつ直感的であるべきだというのがある。しかし、それにしてもパーソナライズはできるに越したことはない。

ここでiPhoneの設定について私の知っているテクニックを紹介する。ここで紹介するのはiOS 7向けのものであり、次にやってくる(まだβ版だが)iOS 8に当てはまることではない。

関連記事:iOS8の新機能まとめ

HDRで写真を撮った時「控え」を作らない

私はiPhoneのカメラのHDR機能を好んで使っている。ソフトウェアの処理でより良い写真を撮ることが出来るものだ。しかしながら心底腹が立つのは、写真の(HDRでない)コピーが作られることだ。
これらは紛らわしいばかりか、時間も容量も浪費する。ありがたいことにこれは設定で回避できる。

設定>写真とカメラ>通常の写真を残す

広告者からのトレースを制限する

広告者からのトレースについて、アップルの条項では「iOSは広告者があなたに向いた広告を提供するために、デバイスを特定する広告IDの使用を認める」とある。プライバシーの問題が気になるのであれば、これをOffにすることが出来る。

設定>プライバシー>広告>追跡型広告を制限

ios_advertising

更に多くのe-Mailプレビューを

内容が分からないメールのサマリを見せられることほど鬱陶しいこともないだろう。もしアップルのデフォルトメーラーを主に使っているのであれば、メールのサマリを何行まで出すかを以下で設定できる(最大5行まで)。

設定>メール/連絡先/カレンダー>プレビュー

電話に応答する時のテキストのカスタマイズ

電話に出られない時(もしくは出たくない時)に、「後でかけ直します」「移動中です」というようなテキストを返すことができることは既に知っているだろう。これをカスタマイズできることは知っているだろうか? 友達から電話がかかってきた時に、「船に乗ってます」あるいは単に「よぅ」と返してみてはどうだろう?

設定>電話>テキストメッセージで返信

自分の時間を守る

ディナーの時、運転中、睡眠中など、電話が鳴ってほしくない時はたくさんある。そういう時は「おやすみモード」を利用すれば言い。

設定>おやすみモード

これは好きな時に手動でOnにできる(後でOffにするのを忘れないよう)し、特定の時間に作動するように設定もできる。本当に大事な連絡を取りこぼさないように、「着信の許可」の設定も行っておく。

ios_do_not_disturb

違うメールアカウントからの送信をストップする

もし(多くの人がそうだが)iPhone上に複数のメールアカウントを設定している場合、送信するメールアカウントを間違える事があるだろう。Flibboardのようなアプリでメールを通じてリンクをシェアしてるなどは特にそうだ。こういった事を抑止するために、デフォルトメールアカウントの設定が出来る。

設定>メール/連絡先/カレンダー>デフォルトアカウント

イコライザーの設定

かつて人々はiPodを買っては、聞く音楽に合わせてイコライザー設定(私の場合、何でもかんでも低音ブーストをかけるのだが)を変えられるのが素晴らしいと言ったものだ。iPhoneでも同じように出来るのを知っているだろうか

設定>ミュージック>イコライザ

もし株のブローカーでないのならこれは不要かもしれない…

通知センターから株価を無くす事も出来る。多くの人には関係ないか不要なものだ。

設定>通知センター>表示/非表示

文字入力を短縮する

もし何度も何度も同じ文章を入力するのであれば、ショートカットを作っては? ショートカットを登録すれば、短縮した入力でフルフレーズの文章を打つことが出来る。
例えば”omw”と打てば”On my way!”と入力される具合だ。

設定>一般>キーボード>ユーザー辞書

セキュリティの向上

TouchIDがついていない人のために: もしiPhoneにパスワードロックを掛けてないのであれば、かけるべきだ。しかしアンロックの度に入力しなければいけないのは煩わしい事だ。これをマシにするために、5分後(もしくは10分など好きな時間)にロックが掛かるように設定することができる。大抵電話は日中継続して使うものではなく一時集中して使うものなので、その時だけロックがかからなければ問題ない。

設定>機能制限>パスワードを要求

編集部注:この記事は、ゲストライターのChris McConnell氏によって執筆されました。Chris氏は、デザイナー、ライターであり、起業家で、Daily Tekkでガジェットを紹介しています。

トップ画像提供:Shutterstock

Pocket