Android アプリのエコシステムはゲームが支配している。グーグルが Android のゲーム開発者に、競合である iOS のサポートを与えようという理由はここにある。

今週サンフランシスコで行われたゲーム・デベロッパー・カンファレンスにおいてグーグルは、Android ゲーム開発者がユーザーを獲得して利益を増やすことを支援する、一連の新たなツールと機能を発表した

Google Play アプリストアは18の新しいゲーム・カテゴリーを導入し、ユーザーと開発者がより細分化したカテゴリーからゲームを選択できるようにする。新しいカテゴリーでは、Google Play の「アーケード&アクション」、「パズル 」、「カード&カジノ」オプションがより詳細になり、「ロールプレイング 」、「ストラテジー 」、「シミュレーション 」、「ファミリー 」、「言葉 」、「雑学」、「スポーツ 」、「レース」などの細かいトピックが含まれるようになる。

グーグルのゲーム専用アプリ Play Games は、既存のプレーヤーが友達に新しいゲームを紹介しやすくなるようにマルチプレイヤーの招待をサポートする。グーグルはさらに、プレーヤーが互いにゲーム内の通貨を仮想通貨のように送ることが可能なゲーム・ギフトを導入する予定だ。

iOSへのリーチ

グーグルのモバイル・ゲームの範囲は Android だけに止まらない。グーグルは、アップルの iPhone と iPad 用のモバイル・オペレーティング・システムやウェブも含めた、すべてのプラットフォームにおいて自らの存在を示したいようだ。

candy-crush-android-game0

グーグルはマルチプレイヤーのサポート範囲を iOS まで広げることで、プレイヤーが Android と iOS どちらのオペレーティング・システム上でアプリを利用していても、互いにリアルタイムでターン制のゲームを遊べるようにする。グーグルはまた、クロスプラットフォーム・サービスをサポートするために Unity(オープンソースのゲーム用ソーシャル・プラットフォーム)向けプラグインの更新も行うようだ。

グーグルのモバイル・ゲームへのアプローチは、同社のインターネット全般に対するアプローチと非常に良く似ている。グーグルは、発見、交流、開発、収益の中心となるプラットフォームでありたいのだ。iOS のゲーマーと開発者も引き込むチャンスがあるのならば、自社のモバイル・ゲームの範囲を Android だけに制限したくはないのである。

グーグルは Android を、開発者とユーザーが Google Play ストアの中で身動きがとれなくなるような「囲いのある箱庭」にはしたくない。マルチプレイヤー・サポートの iOS への拡張と Unity プラグインの増強によって、グーグルは自社のサービスに、Android 上だけで体験できるものを超えた広がりを持たせることを試みている。

収益化の対策

グーグルはさらに Google Play Developer Console において、ゲーム開発者用に同社の Analytics の強化版をリリースする。新しいダッシュボードでは、サインインしたユーザーの総数や対戦状況、順位表結果などの追跡を開発者が行えるようになる。

もちろん、Analytics があるところには広告もある。グーグルは同社の Analytics プラットフォームを、モバイル・ゲーム開発者用の AdMob インターフェースへと直接誘導するだろう。さらにグーグルは、ゲーム内で広告が表示された場合、ユーザーがそのアイテムを購入する際にアプリを離れなくても済むように、ゲーム内広告でのアプリ内課金を作成できる機能を追加するだろう。

アプリ内広告購入を可能にすることによってグーグルは、このプロセスにおける仲介役の存在を取り除き、広告とアクションの間のユーザー・インタラクションのフローを減らそうとしているのだ。

トップ画像提供:John Larsson(Flickrより)

Pocket