フェイスブックは「Trending(トレンド)」機能を発表した。これは現在話題になっているトピックのリストをニュースフィードの右上のエリアに表示する新しい機能だ。同社はこの機能を去年の秋ごろからテストし始めており、今回大規模なユーザーに向けて公開することとなった。

アメリカ、イギリス、インドとオーストラリアのユーザーはこのTrendingトピックを、なぜそれが話題になっているのかの概要とともに見ることができるようになった。そこからさらにいずれかのヘッドラインを選択すると、そのトピックに関する人達の投稿やページをみることができる。また、自分と関連性の高いものについてはフィード内でより上位にランクされるようになっている。

ツイッターの「Trend(トレンド)」トピック機能にはすでになじみがあるかもしれない。ツイッターのTrendトピックは、ツイッターのデスクトップのタイムラインの左側、モバイルの「Discover(見つける)」タブの下にリンクとして表示される。クリックすると、ユーザーは話題になっている単語やフレーズを含むツイートのタイムラインをみることができる。

DisplayMedia

ツイッターと似た形で、フェイスブックのTrendingはサービス上で現在話題となっているものが反映され、常に更新されていく。この「Trending」は今のところデスクトップでのみ利用可能だ。

今回のアップデートは、フェイスブックが過去に実装してきた多くのツイッター機能のコピーの最新の1つとなる。フェイスブックは最近、ハッシュタグ機能投稿の埋め込み機能(どちらもツイッターでの人気機能)も導入している。

Pocket