02ok-bg
Pocket

リクルートテクノロジーズは2016年3月17日から18日にかけて、スーパーVR(バーチャルリアリティ)体験イベント「未来アミューズメントパーク」を東京タワーメディアセンターで開催すると発表した。日本の四季や文化をテーマにした6つのアトラクションで、視覚だけでなく聴覚・触覚も刺激する「スーパーVR」を体感できるという。

■好評の「未来シリーズ」第2弾

本イベントは、一昨年好評を博した「未来レストラン」に続く未来シリーズ第2弾。リクルートテクノロジーズ内の研究開発機関、アドバンスドテクノロジーラボ(ATL)が開催する。

kaijouimage

開催の背景には、近年注目されているHMD(ヘッドマウントディスプレイ)をはじめとするウェアラブルデバイスや周辺技術の進化がある。こうした技術で実現可能になりつつあるのが、仮想空間や、遠く離れた場所を現実のように体感できるVR(バーチャルリアリティ)やテレイグジスタンス(バーチャルリアリティの一分野。遠隔地にある物や人をすぐ近くに存在するかのように感じながら、操作などをリアルタイムに行う環境を構築する技術)だ。

同社は今回のイベントの目的として「VRやテレイグレジタンスが現実社会にどれだけ実装していけるものなのか、その可能性やポテンシャルを検証したい」と語っている(株式会社リクルートテクノロジーズ 執行役員CTO アドバンスドテクノロジーラボ 米谷修氏)。そのために今回のイベントで追求したのが、VRを超えた「スーパーVR」だという。いったいどんな技術なのか。

■聴覚、触覚も…没入感を追求

そもそも、視覚中心に訴えかけるVRは何年も前からある技術で特段珍しいものではない。今回の「スーパーVR」でカギとなるのは「リアリティ」や「没入感」だという。そこで重要なのが、視覚に加えて聴覚や触覚だ。今回体験できる6つのアトラクションは、同社がプロジェクトを立ち上げて独自に企画し開発。視覚、聴覚、触覚にフルに訴えかけることで、よりリアリティのある仮想現実を楽しめるという。

「未来アミューズメントパーク」で体験できるアトラクションは以下の6種類だ。

①座間味島ロケットジャンプ

ドローンを使って撮影した全天球実写映像(360度映像)を使用。ジェットパックを実際に背負い、美しさでは他に類を見ない沖縄慶良間諸島の座間味島周辺の飛行を体験できる。体験者自身がジャンプするルートを選択でき、より自由度の高い構造になっている。

rocketjump

②四季の世界遺産ドライブ

冬の白川郷に始まり、白神山地、熊野古道を抜けて春の姫路城まで、日本国内の4つの世界遺産をバイクに乗って一気にドライブできる。美しい景色だけでなく、皮膚が風を受ける疾走感や悪路を走る揺れ、加速減速で受ける風圧などが「スーパーVR」でリアルに表現されているという。

isandrive

③美瑛の丘レース

北海道・美瑛の丘陵地帯、通称「パッチワークの道」で乗馬レースを体験。乗馬時の揺れやレースの臨場感などがどこまでリアルに再現されているかに期待が高まる。

hashilus

④TOKYOスカイラン

CG生成された街をスカイコースターに乗って超高速で疾走。ドキドキ感と爽快感。東京に実在するビル似た建物が、いくつか登場するかもしれない……?

urbancoaster

⑤ペンギンロボットコントローラー

遠隔地のプールにいるペンギンロボットをリモートコントロール。実際に操作者がペンギンの動きをしてペンギンロボットを泳がせ、あたかも自分自身がペンギンになって海を泳ぎまわっているような体験が可能だ。

robot

⑥指サッカー

卓上大のグラウンドをフィールドに『指』で『サッカー』をするという『指サッカー』。手首に仕込んだ小型カメラの映像をヘッドマウントディスプレイに投影し、体が片手サイズに収縮したかの様な視点でボールを蹴り操る。

soccer

■一般にも初公開

mirai-restaurant

rikejo

リクルートテクノロジーズはこれまでも、「未来レストラン」や「現役女子大生によるウェアラブルお披露目会&体験会」など多数のウェアラブル関連のイベントを開催してきたが、いずれも参加はメディア関係者に限定されていた。しかし、今回の「未来アミューズメントパーク」はより多くのフィードバックを得ることを目的に、一般にも公開する。2月26日から、専用Webサイトで申し込みが可能だ(応募多数時は抽選)。アトラクションの対象年齢は、13歳から。

この機会に、テクノロジーがもたらす「ちょっと先の未来」を体験してみてはどうだろうか。

Pocket