パーティーシーズンにおすすめの写真・ビデオアプリ8選
Pocket

これから年末年始にかけて、色々なパーティーや家族・友人の集まり、そして手作りのご馳走等、思い出を写真に残す機会が増えてくる。あなたのスマートフォンについているカメラは、この時期大活躍するはずだ。

インスタグラムは、そんな思い出を写真に残したい時に使うアプリの定番だ。撮影した写真とビデオに、インスタグラムならではのフィルターをあしらい、友人と簡単に共有することができる。でも、もしあなたがこのありきたりな選択から一歩踏み出したいなら、うってつけのアプリをいくつか紹介しよう。

写真

アート編:VSCO Cam(無料)

vscocam-2私が使う数多くの写真アプリの中でもVSCO Camは特にお気に入りだ。このアプリはシンプルなインターフェースを用いており、写真の撮影、編集、共有が簡単で、フィルターの種類も豊富、細かい編集もできる。フォーカスと露出をマルチタッチ対応の画面上で行うのも新しい。しかも、友達の写真を眺めるだけの他の写真アプリとは違い、Journalという機能を使えば、VSCO Camのスタッフがキュレーションした世界中のVSCO Camユーザーの写真を見ることができるのだ。

このアプリには素敵なフィルターが初めから多数用意されているが、VSCO Camのストアから追加でダウンロードすることもできる。価格も、無料から高くても0.99ドルと非常にお手頃だ。インスタグラム同様に、VSCO Camもまた、「Grid」と呼ばれる自分の写真から構成されたプロフィールを作ることができる。現在は登録してから少し時間がかかるようだが、数日もすれば使えるようになるはずだ。

VSCO CamはApp Storeから無料でダウンロードできる。現在はiOS版のみだが、Android版についても公開に向け、目下ベータ版の検証を進めているところだ。

撮影編:ProCapture – Camera + Panorama (無料 / 3.99ドルの有料版)

AndroidユーザーにはProCaptureをおすすめしたい。このアプリはスマートフォンに内蔵されているカメラ機能よりはるかに優れた代物だ。パノラマ写真モード、ワイド写真モード、デジタルノイズ削減モード等があり、さらに画面上でヒストグラムが表示され、露出のモニタリングもしてくれるので、内蔵カメラを使うより素敵な写真を撮影することができる。

また、グリッド表示とフィボナッチ•スパイラルという2つの補助機能が、最高の1枚の撮影を手助けしてくれる。ProCaptureは、Google Playストアにて3.99ドルで購入可能だが、ProCaptureの提供会社は、最初は機能制限付きの無料版から試すことをすすめている。

総合編:Google+ (無料)

近頃Google+は、写真の保存先としてだけではなく、編集アプリとしてもかなり使えるようになってきた。

中でも「Auto Awesome」はすごい機能だ。撮影した写真のハイライト調整、ブレの補正、笑顔の検出等を、撮影者が写真を見る前に自動的にやっておいてくれるのだから。



さらにGoogle+は、同じ場所から撮影した複数の写真をつなげてパノラマ写真にしたり、動きのある何枚かの写真をgif(画像のファイルフォーマットの1つ)画像のようなアクション写真にしてくれるし、「Eraser(消しゴム)」機能を使えば、観光名所を5枚続けて撮影する間に、写真に写りこんでしまった目障りな観光客を消し去ってさえくれる。その上、「Smile」機能は、何枚かの集合写真の中から各自の一番良い笑顔だけを個別に選び、一枚の集合写真に合成してしまうのだ。

もしGoogle+アカウントをお持ちなら自動アップロード機能を使うことをおすすめしたい。スマートフォン等の携帯端末で撮った写真がすべてGoogle+に自動的にアップロードされ(公開はされないのでご心配なく)、その後携帯端末やパソコン等からアクセスすることができる。もちろん、アップロードした写真をGoogle+上で編集することも可能だ。最近Googleが買収したSnapseedの編集ツールがそのまま生かされているようだ。

Google+は、Google Play及びApp Storeからダウンロードできる。

感動編:Photofy(無料)

photofy-2フィルターを施した写真で誰かの心を揺さぶりたい人には、Photofyがぴったりだ。Photofyにもフィルター機能はあるが、このアプリの特徴は写真に貼り付けることができるメッセージが数多く用意されていることだ。まるでTumblr(米国のTumblr社が提供している、テキストや画像をウェブ上に投稿できるスクラップブックのようなサービス)のために存在するかのような機能ではないか。

メッセージは多種多様で、例えば「Autumn you are so beautiful」(秋よ、あなたは美しい)や、「Think Happy, Be Happy」(楽しく考えて、楽しくなろう)といったものまであり、文字の大きさや色を変えながら自分の写真に貼り付ける事ができる。この季節にはもってこいの、冬やクリスマスをテーマにしたメッセージも数多く用意されているので、クリスマスカードにいかがだろう?

PhotofyはApp Store及びGoogle Playから無料でダウンロードできる。

動画

簡単撮影編:Magisto(無料 / 5ドルの有料版 / 18ドルの有料版)

動画編集に慣れていない人や、これから動画編集を始めたい人にはMagistoをおすすめする。ほぼ自動的に編集から共有までできてしまう、その名の通り魔法のような動画編集アプリだ。編集したい動画を選ぶとアプリがそれを分析し、一番良いと思われるシーンを残しながら編集してくれる。1本の映像につき最大25の動画を組み合わせることが可能だ。

手ブレ補正機能やフィルター、画面切り替えのエフェクト等も用意されており、あなたの動画を特別なものに変えてくれる事だろう。

アプリは無料だが、月額5ドルまたは年額18ドルの有料版もあり、クラウド上での容量無制限のデータ保管や編集に使える動画本数の追加、より長い動画の作成が可能となる。

MgistoはiOS及びAndroidで利用可能だ

共同編集編:JumpCam(無料)

大勢の友達と結婚式やパーティーに参加したとき、全員がそれぞれに動画を撮影し、それぞれの端末の中に保存してしまったため、皆で共有できなかったという経験はないだろうか。JumpCamはそんな問題を解決するアプリだ。それぞれが撮影した動画を編集して、1本にまとめることができるのだ。

JumpCamは動画を撮影したりアップロードした後、他の人を招待することができる。招待された人は、元の動画に自分の動画を追加することが可能で、JumpCamがそれを1本の映像にまとめてくれる。もちろん一般的な動画編集アプリ同様、フィルターをかけたり音楽を足したりすることもできる。

JumpCamは、一つの物語を皆で作り上げるには最適な方法だ。「バナナのビリー」(JumpCamにアップロードされた、バナナのキャラクターが世界を旅する動画)がそれを証明している。

JumpCamはAndroid及びiOSで無料でダウンロードできる。

共有と保存編:Google+(無料)

写真と同様、Google+は動画の共有や保存に適した機能も持ち合わせている。自動アップロード機能を有効にすれば、携帯端末で撮影したすべての動画をクラウドで保管してくれる。動画と写真と組み合わせて映像を作ったり、長さを調整する事や、音楽をつけたりする事も簡単だ。フィルターの種類も豊富で、ダイナミックな動画を簡単に共有することができる。

Google+はGoogle Play及びApp Storeからダウンロードできる。

本格的な編集編:Cute CUT(無料)

Cute CUTは、動画や写真はもちろん、手書きの文字や絵、録音した音楽や音声も組み合わせた映像を作ることができる、本格的なアプリだ。

cutecut動画を作る時はまず、必要なメディアをドラッグ&ドロップして、複数のレイヤーにまたがる編集機能を使って作業に入る。手書き機能や画面の質感・色調を調整する機能、画面切り替え効果の挿入等、プロ顔負けの豊富な編集機能が揃っている。

Cute CUTには、動画の上に文字や絵を加えることができるという際立った特徴がある。手書きのメッセージやイラストのついた動画は、YouTubeやFacebookでひときわ目立つことは間違いない。

Cute CUTはAppStoreから無料でダウンロードできる。

Pocket