Pocket

株式会社リクルートライフスタイルは11月19日、渋谷セルリアンタワーにて「Airレジカンファレンス2015」を開催した。

数百名の聴衆が見守る中、同社執行役員の大宮英紀氏は、リリース2周年を迎えた無料POSレジアプリ「Airレジ」が21万アカウントを突破したことを発表。「今後もAirシリーズでは、お店・お客さんどちらにも喜んでいただけるサービスを提供し、商いの未来を変えていきたい。」と展望を語った。


IMG_1618-624x467

~受付管理から決済まで~ 広がる支援領域

Airシリーズは、2013年11月の無料POSレジアプリ「Airレジ」発表を皮切りに、受付管理アプリ「Airウェイト」、予約管理アプリ「Airリザーブ」、お店に役立つサービス提案サイト「Airマーケット」等、店舗業務を支援するサービス群である。

このたび新サービスとして、クレジット決済サービス「Airペイメント」、モバイル決済サービス「モバイル決済 for Airレジ」をローンチするなど、いよいよその支援領域を店舗業務全般に広げてきた。

さらに「モバイル決済 for Airレジ」は、4億人以上の会員を持つ中国最大級の決済アプリ「Alipay」の他、来春にはLINEを通じた決済サービス「LIINE Pay」にも対応を予定するなど、幅広い来店客層が使えるインフラも整えていく構えだ。

(「Airペイメント」は11月19日から、「モバイル決済 for Airレジ」は12月1日から提供開始)

”クラウド×店舗”の普及は、誰を幸せにするか?

今後リクルートグループが、タブレットや簡単な印刷機さえあれば活用できる「導入ハードルの低さ」を全面に押し出してさらに利用対象を広げれば、日々の店舗経営・運営実務がタブレット一つで成り立つような日も、遠くはないかもしれない。

また、注目すべきは、一連のサービスがテクノロジーを通じて、「店舗スタッフの実務軽減」・「来店者のストレス解消」・「データ蓄積による、経営サポート」といった形で、関係者全体の満足度を高められる点であろう。

これまでIT領域とは無縁で運営されることも多かった「中小企業の店舗サービス」が、Airシリーズのようなクラウドサービスの普及により、どのように姿を変えていくのか? 今後の動向に注目である。

Pocket