Pocket

テスラの通信部門トップのリカルド・レイエスは、WIREDに対し次のように語った。

他社の自動車は、システム全体がバラバラに動いています。安全システムはここ、クルーズ・コントロール(自動速度制御装置)はここ、というように、パーツごとにプロセッサが異なっているのです。これは自動車の製造が徐々に進化していった結果なのですが、弊社の自動車には、皆さんがお使いの携帯電話により近いような、集中オペレーティング・システムを搭載しています。

要するに、既存の自動車メーカーはまだ車を車としか見ていないということだ。そのようなメーカーはWindows 95の時代に取り残されている。ヒューレット・パッカードがデスクトップ・パソコンを製造し、マイクロソフトがオペレーティング・システムを構築し、その他の人間がアプリケーションを開発していた時代の話だ。

世界はもはや変わった。

われわれは、ハードウェアとソフトウェアが渾然となって統合した、アップルの世界に生きている。このようなプラットフォーム用のアプリケーションを開発する人間もいるにはいるが、ハードウェアとソフトウェアというコンピュータの本質は、一つの企業によって管理されている。

ユーザーはつながりたい

このようにハードウェアとソフトウェアが統合した例が、インターネットへの常時接続だ。筆者はホンダ・パイロットに乗っているのだが、だいたい毎年のように、マップをアップデートしたCDを受け取るため、同社に料金を支払うことになっている。

何という古めかしい手段だろう。

頭の中に入っている地図の方がよほど集中システムに近いのではないだろうか。マップに自分自身の経験や行きたい所に連れて行ってくれるコンピュータを組み込み、さらにスマート化することが、車の未来にとって重要なのではないか?

だが、今はまだ150ドルを払って送られてくるCDで辛抱だ。

テスラのモデルはそれとは真逆だ。Wiredはイーロン・マスクの発言を引用している。

自動車メーカーは様々なデバイスがつながったものとして車をとらえる必要があります。車が携帯電話やラップトップのように動作すれば、無線を通して機能のアップデートなどが可能になります。自動車メーカーが「つながる」という方向性へ考えを改めるのは、安全性や機能性の面で重要です。コンピューティング・デバイスであるにもかかわらず、接続がないというのはおかしな話ですから。

システムを統合するという設計の方法論が不十分なのと、従来の自動車にはデバイスの接続という機能が欠けていることからすると、フォードやGMや、従来の自動車メーカーが車の未来を支配しようとするのは大きな賭けである。

だが、アップルとテスラには間違いなく将来性がある。

運転できるコンピュータ

アップルはProject Titanのために数百人の技術者を雇用したことが報じられた。Project Titanで計画されている電気自動車の見た目はミニバンのようだが、アップル製品によるエクスペリエンス全体と深いところで統合される予定だ。

Siriや、無線によるアップデートや、美しいインターフェースでは、ハードウェアとソフトウェアが継ぎ目なく統合されている。そこにあるのはエレガンスだ。

ほんの少しの統合によって大きな違いが生まれることを、既に実感している読者もいるだろう。例えば、筆者の愛車パイロットは、iPhoneとしっかり統合したBluetoothをいちおう搭載しているのに、地図機能は1800年代とほとんど変わらないような代物だ。

筆者の妻の乗っているボルボは、そのレトロなインターフェースを誇りとしているようだが、中身は統合されていない。妻はボルボで音楽を聴くたびに携帯を接続するのが煩わしく、すぐにパイロットに乗るようになった。妻の乗りたいのはデバイス同士がつながった車だし、日々の運転に高価でかっこいい車を使うのはやめた。ボルボは過去に縛られているからだ。

これは単なる事例証拠かもしれないが、まったく珍しい状況でもない。モバイル機器を生活の中心に据える人は増えてきている。今日では、アメリカ人の約3分の2がスマートフォンを所有している。皮肉にも、このことがアップルやテスラに、自動車産業の未来を創りだすチャンスを与えている。今までと変わらないボルトを使い、デバイス同士がつながらない車を製造するシボレーやBMW、従来のメーカーよりもだ。

確かにこれらのメーカーが車を製造してきた経験は長い。また、ソフトウェアに関する救世主を求めており、フォードでもどのメーカーでも、ソフトウェア関連の求人は増え続けている。

しかし、決定的に欠けているのは、コンピュータを構成するという経験だ。そして、われわれが運転したいと望んでいるのは、深いところでハードウェアとソフトウェアが統合し、デバイス同士が全てつながっているようなコンピュータなのである。

Pocket