アップルのウェアラブルを待たされるのはもうすぐ終わりだ。Apple Watchは4月10日にプレオーダーが始まり、4月24日から購入可能となる。発売日が近づいてきたため、販売方法に関する情報がどんどん明らかになっている。

例えば、予約なしで入店してすぐに購入はできないことが挙げられる。よって、ピカピカの新しいスマートウォッチを手に入れるにはアップルストアに予約しなければならない。Apple Watch Edition購入者はVIPエリアに通される。実際に端末を試着する際には、バンドを交換することはできない。すでにこれらの情報が明らかとなっている。

9to5MacMacRumorsは、Apple Watchの販売トレーニング文書と、製品に関わる内部関係者との話から、24日にApple Watchを試着・購入する方法をシミュレーションしてくれた。重要な部分については以下の通りだ。

いらっしゃいませ

20150407-00010000-biz_rwj-001-1-view
Apple Watchのディスプレイケース

アップルストアでApple Watchを購入するには、端末を試着するための予約をしなければならない。そうしなければ、スタッフの手が空いている場合でも、予約をしていない客の行列に並ぶことになる。

Apple Watch専門販売員と試着の時間を予約したら、専用のディスプレイケースが運ばれ、フルセットのApple Watchを見て、製品デモを繰り返し、性能を試すことができる。そして、試着したい2つを選ぶ。

試着エリアではApple Watch用の厳重な引き出しが設置される予定で、アップルの従業員が持つ特殊なRFIDセンサーがなければ解錠できない。ここでも製品デモは用意されているが、顧客は触覚フィードバックを試したり、実際に手首でどう感じとれるかをテストできる。マットやクリーニングクロスも使うことができる。

このプロセスを経たあと、交換用ストラップやBluetoothヘッドフォンなどのアクセサリーも購入できる。Apple WatchとiPhoneを組み合わせたサービスプランだけでなく、AppleCare +プログラムの拡張利用も可能だ。

事前に予約した場合には、製品を当日持って帰ることができる。そうでない場合には、選んだモデルをストア内、またはオンラインで予約するよう勧められる。

VIP待遇

20150407-00010000-biz_rwj-002-1-view

10,000米ドル以上もする18金のApple Watch Editionを買うと、アップルストアのスタッフはハイテク界の王様のような待遇をしてくれるだろう。購入者は店内で待つ必要もなく、専門のアドバイザーに直接通され、低価格端末を購入する人たちとは別の試着エリアに案内される。

プレミアムモデルを購入する場合、試着時間はもっと長くなる。5~15分ではなく、1時間ほど設けられる。盗難のリスクを軽減するため、一度に試着できる18金のモデルは2つまでだ。

満足な買い物ができたら、親切なアップルストアのアシスタントに端末をセットアップしてもらうこともできるし、家でビデオリンクを通して専門家に聞くこともできる。通常のApple Watchに数千米ドルを上乗せしてハイエンドモデルを購入すれば、このようなサービスが受けられる。24時間、365日のライブビデオアシスタントは、どうやらApple Watch Edition の購入者が利用できるものらしい。

一面から見れば、この方法はアップルから聞こえてくる噂に合致するのもだ。Apple WatchはiPadやiPhoneなどとは全く異なるタイプの端末であり、より個人的で、アシスタントのつく、全く異なるタイプの購入体験も同社は提供しようとしている。

他方で、アップルが同製品の開発に苦心していること、十分な製造量を確保できていないという問題は広く知られている。このようなカスタムメイドで予約のみのシステムは、Apple Watch 2.0の準備ができるまで、供給を制限するために考えられているのかもしれない。

画像提供:Apple

Pocket