マーズ・エクスプレスに乗って火星探索の旅に出かけよう!

マーズ・エクスプレスに乗り込んで、まだ見たことのない火星を見に行こう。

マーズ・エクスプレスとは、欧州宇宙機関 (ESA) が2003年に打ち上げた宇宙船である。欧州宇宙機関は10年以上にわたって火星の映像を撮影した後、すべてのデータを編集して美しい火星の鳥瞰映像を作り上げた。

この映像では、火星の峡谷やクレーター、溶岩流、川床跡などが3D映像で見事に再現されている。マーズ・エクスプレス・オービターは火星の地形を把握するのに必要な情報を集めるため、12500回以上も火星の周囲を回ったという。

マーズ・エクスプレスには高解像度ステレオカメラが搭載されており、それによって火星表面の様相を完璧に捉えることが可能となった。マーズ・エクスプレスはドイツ航空宇宙センター(DLR)の助けを借りて、カメラが正確に動作する飛行高度を探るために何度も調整を行っている。その結果導き出された理想の高度は地上277キロメートル(約172マイル)であった。

それでは、太陽系で最も高いとされている山や、その他の驚くべき光景を以下の動画で見てみよう。

写真とビデオ提供:ドイツ航空宇宙センター(DLR)

popsugar-partner-logo-small_0編集者注:この記事はReadWriteのパートナーPopSugar Techによって公開されたものです。

Pocket