Pocket

現在、あなたはNestのスマート・サーモスタットをただ見つめ、部屋を温めるよう操作してその様子を眺めることはできない。しかし、いつかはそれが可能になるだろう。元アップル幹部であり、Nestの共同創設者トニー・ファデルがGoogle Glassを担当しているわけだから。

物議を醸している眼鏡型ウエアラブル端末は、研究部門のGoogle Xのもとから切り離される。そしてトニー・ファデルの監督下に置かれることになったのだ。マーケターであり宝石デザイナーでもあるアイビー・ロスは、昨年Google Glassの責任者となった。彼女はその任務を続行するが、Nest部門の責任者であるファデルと共に働くことになるだろう。

グーグルはまた、1月19日以降、Google Glassの個人向け販売を終了する(法人や開発者はアプリ開発用途として購入可能だと、ウォール・ストリート・ジャーナルは報じている)。

当初大きな話題を集めたが、Google Glassの周辺はこのところ静かである。一方、バーチャルリアリティ・ゴーグルやスマートウォッチといったウェアラブルデバイスが、現在注目の的となっている。しかし、グーグルは同社のスマートグラスを忘れていたわけではない。むしろ、今回の組織再編はGoogle Glassがベータ版から卒業したことを意味する。

Google Glassが再び本格的な製品として販売が再開されるのは一体いつか、あるいは元の1,500ドルよりも消費者の懐に優しい価格になるかどうかはまだ明らかではない。グーグルは今年中には、新しいバージョンをリリースする予定だが、それがいつなのかは誰も知らない。私たちはさらに情報を得るために同社に問い合わせをしている。回答があっれば追って報告する。

最新情報:ウォール・ストリート・ジャーナルによると、グーグルは録画モード時にインジケーター・ライトを点灯させるか検討中のようだ。同機能が追加される場合、新型の発売には時間がかかるだろう。

トップ画像提供:tedeytan

Pocket