ウェアラブルデバイスのような新しいテクノロジーがメインストリームに食い込んできつつある中、スマホを返り見て、あんなものは今更大きすぎて退屈なものだと言ってしまうのは簡単なことだ。しかし2014年が終わった今、この年にスマホがもたらした事を考えれば、この意見は少々考えが浅いと言える。

以下5つのデバイスは、同じようなものが溢れかえる中、実に有用な、もしくは風変わりなものを我々に提供してくれた。

アップル iPhone 6 Plus

MTI2NTk0ODI3MzA2NTA2NzE4

縦6.22インチ、横3.06インチ、その重さは6オンス強のiPhone 6 Plusは、電話というには大げさなものだという人もいる。アップルがスマホを二機種リリースしたのは賢明だ。 小さい方のiPhone 6でも、これまでの機種と比べると大きいが、それでもポケットを突き破ること無くiOS8を走らせ、Apple Payを使うのに十分な性能をもつ。

もしあなたの考え(あるいは手のサイズ)的にiPhone 6 Plusを使うのに抵抗がないのであれば、6 PlusはiOSを使う上で最も素晴らしいユーザーエクスペリエンスを提供しうる。5.5インチのHD Retinaディスプレイは1インチあたり401ピクセル、1080pの解像度を誇り、スマホとミニタブレットの中間にあたる広々とした環境を提供する。

6 Plusは4.7インチディスプレイの兄弟分と比べて、メッセージに添えられる顔文字アイコンから、使いやすいカメラの手ぶれ防止機能といったような、他の利点も持っている。

6 Plusのもっともいいところは、そのバッテリーの寿命だ。アップルはiPhoneのバッテリーのmAh値を隠していないが、iFixitによると6 Plusのバッテリーは2915mAhであるのに対し、6は1810mAhであるという。言い換えればデカイ電話にデカイ電池がついてきたのだ。小さい兄弟分のそれより、約50%大きいことになる。

確かにiOSの最新版であるiOS 8についていえば、その登場に問題がなかったわけではない。しかしソフトは時間とともに進化できるが、ハードはそういうわけにはいかない。そして後者についていえば、アップル初のファブレットは、また彼らのスマホとしても最高のものだ。

サムスン Galaxy Note 4

MTI2ODY1MzQxNzk1MDQ2Njc0

Note 4は旧モデルであるNote 3に対する、センスが安物臭いという批判へのサムスンからの回答だ。メタル感を出したプラスチックではなく、本当の金属バンドを使用し、ボディー裏に施された偽のスティッチを捨てたことで、Note 4はプレミアム感が増したものになっている。

また5.7インチQHDスーパーAMOLEDの画面のベゼルについてもスリムなものを採用した。このディスプレイは1インチあたりの密度が515ピクセルあり、鮮明さはNote 3だけでなく、iPhone 6 Plusのそれよりも上だ。このディスプレイのせいでバッテリー寿命がガタ落ちする事はない。採用されたバッテリーは3,220mAhである。ソフトウェアによる最適化で、実際の寿命は更に延びる。充電が必要になれば、急速充電機能により目的を短時間で達成できる。

他の調整として、若干の改良が加えられたS-Penおよびスタイラスソフト、指紋スキャナーおよび、Galaxy S5から引き継がれた心拍センサーがある。プロセッサも変更されたが、これによりパフォーマンスの向上があるかどうかハッキリしたことは言えない。しかし最も肝心なことはNote自身ではなく、これを取り巻く開発についてだ。
サムスンはスマートホーム、バーチャルリアリティー(VR)、スマートウォッチおよびその他の分野において狂ったような追求をしている。そしてそれらに関連付けられるガジェットとして最も可能性が高いサムスンの携帯は、最新の、もっとも機能の高いハードウェアだ。

例えば今年もっとも興味深かったVRヘッドギアの1つであるGear VRと連動できるのは、Note 4だけである。

モトローラ Moto X(2014)

MTI2ODY1MDIxODE5OTg0MzUw

グーグルの経営陣はモトローラをレノボに売却したことを後悔していることだろう。Moto Xは手頃な価格でユーザーがカスタマイズできる素のままのAndroidを手にすることが出来る貴重なパッケージとなった。

背面は皮革(もしくはその代わりとして木材)が使われているこの第二世代機はハイエンド感がある。サムスンがプラスチックをやめて本物の金属を使うようになったのに似ている。5.2インチHDスクリーンの採用で画面が広くなったが、手の中にはいい感じで収まっている。

外見の良さだけでなく、処理速度も向上している。またソフトのアップデートの早さはストックアンドロイドならではのものだ。なんの内部的なカスタマイズもされておらず、Moto XはグーグルのフラッグシップモデルであるNexusシリーズ(MotorolaはNexus 6を作ったが)同様、最新のAndroidが搭載されることになる。

Moto Xは完璧なスマホではないかも知れない。カメラやMicroSDが欠けているのは物足りない感じがする。が、バッテリーのもちや処理能力は良く、洒落たモデルだ。ストックアンドロイド搭載機種として、ユーザーにとっては6インチディスプレイを持つNexus 6に代わる選択肢となる。価格は手ごろ感があり、一括で500ドル、もしくは月額払いで50ドルだ。

OnePlus One

MTI2ODY1MzQxNzk1MDQ3OTAy

CyanogenModという名前に馴染みがないユーザーもいるだろうが、細かいカスタマイズを望む、Androidに通じたユーザーの間ではポピュラーなOSだ。これを導入する際は、大抵デバイスのルートを取る必要があるのだが、今年に入り、CyanogenModの為のスマートフォンが登場した。

OnePlus Oneに引き継がれたその実験魂から、このスマートフォンはオモチャみたいなものかと考えるかも知れない。それは間違いだ。わずかにカーブした背面を持つOnePlus Oneは持つ手に落ち着く。もしOppo Find 7の、あの作りこまれた仕上げに馴染があるのであれば、Oneも自分にとってしっくりくるはずだ。OppoはOne Plusの株を一部所有しており、One PlusはOppoの工場で作られている。

スペック的にはまずまずで、5.5インチHDスクリーンは日中の屋外においても高い視認性を誇る。

OnePlusで動いているのはストックアンドロイドの同種であり、KitKat4.4の変種であるCyanogenMod 11Sだ。異なる主な点といえば、拡張デスクトップモードや、ジェスチャーでカメラのシャッターを切れる点、音声認識でスリープから復帰出来る機能の他に、改変マニアにアピールするであろう、細かい所までカスタマイズできるテーマなどが挙げられる。安定性の欠落は実験的な事に付き物かもしれないが、299ドル-349ドル(16GB-64GBモデル)という購入価格はいくらかの埋め合わせをしてくれるのかも知れない。

BlackBerry Classic

MTI2ODY1NTgyNTgxNjUxOTM0

Top5リストの最後に加えられるBlackBerry Classicは、QWERTYキーボードが帰ってきた事を印象づけるものだ。今となっては物理キーボードをサポートしているスマートフォンは少数派という事もあるので、この機種のデビューは市場の穴を埋めるものとして歓迎されるに違いない。このモデルは、例えそれを得るために過去を遡る必要があるにせよ、BlackBerryにまだ生き残るための場所が残されていることを示している。

BlackBerry Classicのもっとも印象的な点は、問題を解決しようとするその姿勢だ。ゴツいファブレットを持つのは嫌だろうか?3.5インチディスプレイとキーボードを持つBlackBerry Classicなら、そのボディの細さ(高さ5.1インチ、幅2.8インチ)もあって片手で操作可能だ。
メールで長文を書いたりドキュメントの編集をする場合はどうだろう?伝統的な配列の打鍵しやすいキーボードが役に立つ。アプリが欲しい時はBlackBerry Worldから入手するか、もしくはAmazon AppstoreからAndroidアプリを入手できる。

このモデルは物理キー、トラックパッド、タッチスクリーンのほか、刷新されたQNXのソフト、クラウド、セキュリティ及びデータ同期機能がついてくる。動画を見たりInstagramの写真を編集するのであれば大きなスマートフォンの方がいいかもしれないが、Classicが対象としているユーザーは、遊んでいる人たちというよりは、溢れかえるメールやドキュメントを効率的に処理したいような人たちだ。これは忙しい、自分を仕事第一のVIPに仕立てあげたい人のためのスマートフォンだ。

MTI2ODY0NTU1ODE2MDA0MjI3

Thank you Blackberry!!! Still PING squad for life. @ovo40 @getfadedinc @ovomark @morgan_mr

A photo posted by champagnepapi (@champagnepapi) on

この企業が帰ってきた事で、スパイが使いそうな自滅するスマートフォンをボーイングと開発するという話が生まれたのもクールな話だ。自社を盛りたてるために戦闘機メーカーと手を組んだという話は他にないだろう。

画像提供:
iPhone 6 Plus画像:Hadrian(Shutterstock
Drake画像:s_bukley(Shutterstock
各製品画像:各メーカーより
その他画像:Adriana Lee

Pocket