新しいiPad miniで何か変わったか

新しいMacBook ProシリーズやOS X Mavericksと異なり、高解像度「Retina」ディスプレイを搭載した新しいiPad miniはまだ店頭で買うことができない。ということは、その分検討する時間があるということだ。新しいiPad miniはかなり充実したアップデートが行われており、7.9インチサイズのファンにとってはじっくり検討する価値があるだろう。

さっそく主な変更点を列挙してみよう。

スペック比較:

太字は、モデル間で顕著な違いがある部分。

旧iPad mini:

・7.9インチ ディスプレイ
・厚さ 7.2mm
・重さ 308g (Wi-Fiモデル), 312g (Wi-Fi + Cellularモデル)
・Apple A5 プロセッサ
・画面解像度 1024 x 768 (非Retina)
・163 ppi (pixels per inch)
・5 メガピクセル, f/2.4 背面カメラ
・1080p HDビデオ撮影
・Wi-Fi (802.11a/b/g/n), デュアルチャネル(2.4GHz/5GHz)
・Bluetooth 4.0
・バッテリー駆動 最大10時間
更新価格: 16GB Wi-Fi 299ドル, 16GB Wi-Fi + LTE 429ドル

新iPad mini Retina ディスプレイ:

・7.9インチ ディスプレイ
厚さ 7.5mm
重さ 331g (Wi-Fiモデル), 341g (Wi-Fi + Cellularモデル)
Apple A7 プロセッサ(64bitアーキテクチャー)
M7モーション・コプロセッサ搭載
画面解像度 2048 x 1536 (Retina)
326 ppi (pixels per inch)
・5 メガピクセル, f/2.4 背面カメラ
・1080p HDビデオ撮影(3xビデオズーム付き)
・Wi-Fi (802.11a/b/g/n), デュアルチャネル(2.4GHz/5GHz)およびMIMO
・Bluetooth 4.0
・バッテリー駆動 最大10時間
・Wi-Fi: 16GB 399ドル, 32GB 499ドル, 64GB 599ドル, 128GB 699ドル
・Wi-Fi + LTE: 16GB 529ドル, 32GB 629ドル, 64GB 729ドル, 128GB 829ドル

一番のポイントはRetinaディスプレイ

新しいiPad miniには、明らかに光学面での大きな改良がある。ピクセル密度が2倍の「Retina」ディスプレイは、iPad miniの解像度をなんと326ppiにまで引き上げる。Retinaを先行採用したフルサイズのiPadと同様、その違いは顕著である。Retinaディスプレイが非Retinaモデルと比べていかに鮮明であるかを一度体験してしまうと、元に戻るのは難しいだろう。

iPadで頻繁にストリーミング・メディアを読むか見るかするのであれば、Retinaディスプレイにアップグレードする価値は十分にあるといえる。

アップルの本気、強力な新しいA7チップ

ディスプレイの改良に加え、アップルはiPhone 5Sと同じA7チップを新しいiPad miniにも搭載した。これまでのiPad miniでは、決して遅いわけではなかったが、動作が若干不安定に感じられることがあった。速さとスムーズなUIエクスペリエンスを優先するユーザーにとって、A7チップは旧世代で感じたあらゆるもたつきを改善してくれるだろう。

加えて、M7モーションコプロセッサも新たに採用された。これは今のところおまけ程度の機能かもしれないが、フィットネスや自己計測系のアプリ開発者にとっては、未知の扉を開けてくれるクールなテクノロジーだ。

299ドルならば、まだ旧世代のiPad miniも捨てた物ではない。アップルの主力タブレットである9.7インチよりも小さなタブレットがお好みであれば、難しい選択を迫られることになるだろう。価格を重視するにしても速度を重視するにしても、アップルの7.9インチ新旧モデルのどちらを選んでも失敗はないからである。

Pocket