Pocket

マイクロソフト(MS)が遂に世界に向け、悪評が高かったWindows 8に続く、次のWindowsのメジャーリリースについてのプランを発表した。MSの副社長 テリー・マイヤーソンがサンフランシスコでのプレゼン中に言ったように、名前はWindows 9やWindows Threshold、Windows Oneといったものではない。

次のリリースは「Windows 10」になる。なぜ9を飛ばしたのだろうか? 思いつくところは筆者も読者も似たようなところだろう。これについて以下に述べる。

ビッグ10

MSが2015年中頃のリリースを目指している新しいOSは、Windows 8の多くのビジネスユーザーが利用しているでデスクトップモードで導入され、酷評された多くの機能を改善することを狙いとしている。MSがモダンUIと読んでいる、カラフルなタッチ操作向けのインターフェイスはまだ存在するが、今日において注意を引くものではない。MSはWindows 10の他の機能について紹介するため、別途イベントを開催すると約束した。

一般的に、MSの大きなゴールの1つはユーザーがWindows 10に容易に乗り換えられるようにすることだ。見慣れないインターフェイスをもつWindows 8の場合はこれが大きな問題であり、多くのユーザーが難儀した。

「Windows 10は、乗り換えるのが7からなのか、8からなのかに関わらず、エンドユーザーにとって馴染のあるものになる」とマイヤーソンは言う。

本日のイベントでの大きな4つの収穫は以下だ。

スタートメニューが帰ってくる

Windows 8からの最も大きな変更として、スタートメニューが復活する点が挙げられる。インストールされたプログラムや、コントロールパネルと言った機能へのアクセスを提供するこのポップアップパネルは、Windows 8で無くなった。長らく噂されていた通り、新しいスタートメニューはWindows 8のモダン調のタイル(上の写真を参照)になっており、モダンインターフェイスで表示されていたリアルタイムの情報が表示される。

MSによるとスタートメニューはカスタマイズ可能で、ユーザーはその形・サイズの変更の他、パネル上のプログラムやその他の要素を入れ替えることが出来る。またアプリの検索やコマンドの入力も出来、その入力の際は自動補完させることも出来る。

デスクトップはバーチャルに

pic001
MSのOS部副社長 ジョー・ベルフィオーレによるバーチャルデスクトップの紹介

Windows 10ではバーチャルデスクトップが提供される。これはユーザーが並行して作業を行う際の効率化を図るため、好きにアレンジできるアプリの集まりのことだ。触ってみるとそのコンセプトは理解しやすいのだが、説明するとなると少々難しい。

上の写真では、MSのOS部副社長のジョー・ベルフィオーレが4つの独立した”デスクトップ”を指さしている。スクリーン下部の小さなアイコンの事だ。それぞれが独立したプログラム配置のグループになっており、例えばあるグループでは様々なSNSアプリが動き、別のところではあるプロジェクトに関するファイルが開かれていたり、といった具合だ。ユーザーはスタートボタンの隣にある”タスクスイッチャー”を使って、これらのデスクトップの作成、削除、切り替えを行うことが出来る。

タブレットではタッチ操作、デスクトップではキーボード

最後に、Windows 10はキーボードが接続されているかどうかによって、デスクトップキーボード用インターフェイスにするか、をモダンインターフェイスにするかスイッチ出来る。ジョー・ベルフィオーレが説明の際に実機デモではなくビデオで紹介したところから、この機能はまだ開発中のようだ。彼は以前、「Windows 10はまだまだ開発中の段階であり、事は間違えた方向に進むこともある」と念を押している。

なぜ名前がWindows 10になったのか、誰も説明できない

さて、なぜ名前がWindows 10なのだろう? 報道との質疑応答の際のマイヤーソンの回答は、どうもしっくり来ないものだった。

えー、これは…この製品が完成すれば、この名前は幅広い製品群につけられるにふさわしいものだ・・・・・・ 我々は多くのメンバーでテストを行っており、皆さんにお届けできる商品にぴったりの名前だ。

ZDNetのメリー・ジョー・フォレィがこれを翻訳してくれた。:「今回がWindowsの最後のメジャーバージョンになるので、MSはこれは大きく、クロスプラットフォームなリリースだということを言い表したいのだ」。言い換えれば、10番というのは大きな番号としてキリがいいから、中途半端な9番なんか飛ばしてしまえば良いじゃないかということだろうか?

話は変わるが、ここで言うWindowsの「最後のメジャーバージョン」というのは、MSがこれまでの大きな変化を伴うアップデートから、小さなアップデートを継続的に行う方向へシフトしてきているという噂の事を指している。筆者が知る限り、MSがその様なプランを公表したことは無いが、それが故にマイヤーソンは名前の理由をうまく説明出来なかったと考えられないだろうか。

MSは水曜日にWindows 10のテクニカルプレビューを公表する。太平洋時間の9時以降、こちらのリンクからダウンロードできる。私も入手可能になり次第ダウンロードし、更なる情報を読者に伝えるつもりだ。

画像提供:David Hamilton

Pocket