Pocket

私はほぼ毎週のように飛行機に乗るのだが、荷造りの際に必ずある選択を迫られる。どのデバイスを持って行くべきだろうかと。読書や運動等をしない人にとって、答えは簡単だ。彼らの場合スマートフォンかタブレットがあれば、ノートパソコンが必要な作業以外は何とかなる。しかし出張の間にやりたいこと、特にランニングや読書にこだわりがある人にはどうしても他の端末が必要になってくる。

悩み その1:運動

MTE5NDg0MDYxMDE3OTMzMzI3
Garmin社のGPSスポーツウォッチは、スマートフォンのトラッキングアプリよりも精確な、1つの選択肢と言える。

私は運動をすれば出張中でも(大抵は)気分がいいのだが、最適な端末を使えばより充実した時間を過ごせるようになる。そんなとき、スポーツウォッチ(私はGarmin社製のものを使っている)なら、体調管理に役立つだけでなく、荷造り時にはかさばらない。

関連記事:次回の出張に持っていくべきもの:荷造りの極意とは

iPhoneには体重やジョギング、サイクリングをトラッキングするアプリがあるのに、私がわざわざ専用端末を使うのはアプリのGPSの精度や心拍数計に不満があるからだ。

確かにiPhoneのフラッシュカメラレンズを使えばランナーは心拍数を測れるが、それではランニング中に継続的に数値を確認することはできない。ランニングに本気で取り組む人なら心拍数は専用ストラップで計測し、ワイヤレスで転送された数値をGarmin等の端末上で確認したいはずだ。

スマートフォン用の計測ストラップもあるにはあるのだが、ウォッチに比べてスマートフォンは重く、腕や腰にベルトで巻いてもやはり不便だ。私は実際に試してみたのだが、スマートフォンもストラップも重く感じ、区間タイムを計測したりスピード等のデータをランニング中に確認したりするのは難しかった。私はランニング中に画面を見るために腕を捻って変な体勢を取りたくはない。

スマートフォンなら1台2役をこなせると言う人もいるだろう。確かに音楽を聴けばランニングやウォーキングのやる気が湧いてくるが、私は音楽を聴かずに走るのが好きだし、聴くならiPod Shuffleを使いたい。私にとっては家でも出張先でも、軽い荷物より身軽なランニングの方が大切なのだ。

こうしてスマートフォンは候補から外れ、鞄にデバイスが追加される。

しかし私はGarminウォッチにも不満はある。使い回しのきかない充電ケーブルは短期旅行にはあまりに不向きで、荷造り時に入れ忘れてしまったり何かと面倒だ。欲を言えば私はスポーツウォッチメーカーにはmicro-USB端子充電を業界標準にして欲しいのだが、それでは防滴性能との両立が難しい。一般的なケーブルで充電出来ればGarminはもっと持ち出しやすくなるのだが。

悩み その2:読書

MTIyMzk5Mjg4ODE2MTQxODM2
Kindle Paperwhiteはタブレットよりも軽く、長時間の飛行中も充電が切れない。

私は以前にも書いたが、iPadで長時間読書ができる人など居ないと思う(私はAndroidタブレットを持っていないがきっと事情は一緒だろう)。したがって私は短期でも長期でも、旅行にはKindle Paperwhiteを持って行く。私は他にiPad3台とKindle Fireを持っているが、どれも持って行きたいとは思わない。それに対してKindle Paperwhiteは私の必携アイテムになっている。

何よりもまず、Kindle Paperwhiteは驚くほどに目に優しいのだ。国際線に乗って「父と子」(ツルゲーネフ著)を何時間読んでいても目が疲れない。これは他の端末ではあり得ないことだ。

もう1つ重要なのは出発時のバッテリー残量に関係なく、旅行中にKindle Paperwhiteをいくら使ってもほぼ確実に電池切れしないということだ。iPadの充電は1日しかもたないが、Kindle Paperwhiteなら数週間使っても問題ない(そんなに読書の暇があればの話だが)。

そしてKindle Paperwhiteは一般的なmicro-USBケーブルを充電方法として採用している。iPadに関して言えば、不覚にも私は何度か家にiPad充電ケーブルを置き忘れ、買い直しの総計は軽く100ドルに達している。

あなたの必携アイテムは?

他の用事にあたっては、iPhoneが非常に便利だ。レストランを予約したければOpenTable、道案内が必要ならGoogle Mapsといった具合にiPhoneのアプリが有用だ。

しかしランニングと読書にだけは、私はどうしても専用のウォッチとリーダーを使いたい。読者の方もこれに同意してくれると思う。ややかさばり、荷造りの手間は増えるがそれだけの価値があると私は思う。

だから私はノートパソコン、iPhone、心拍数計、GPSウォッチ、そしてKindle Paperwhiteを持って旅行に行く。他のものは家に置いて。

とは言え、この記事を読んでかなり違和感を感じた方もいたはずだ。旅行中に他の事をしたい人もいるだろう。あくまで1つの例として、少しでも参考になれば幸いである。

画像提供(トップ画像):Shutterstock
文中画像:Amazon and Garmin

Pocket