Dropbox が写真共有サービス「Loom」とコラボレーション・サービス「HackPad」を買収

Dropbox は多忙な木曜日を過ごしたようだ。

ファイル共有サービスの大手 Dropbox は、モバイルユーザーに最大5ギガバイトの無料ストレージを提供する写真共有サービス「Loom」を買収した。Loom が自社のブログで発表している。

Dropbox は最近、「Carousel」によって写真共有機能をアップデートしたばかりだ。今後、ユーザー達が端末で撮影した写真はどんどん増え続けることが予想される。Loom のチームはおそらく、そうした写真の同期や共有を行うための場所を提供すべく Carousel に関わることになるのだろう。

関連記事:Dropbox が写真を管理するプラットフォーム「Carousel」を発表

残念ながら、この買収に伴い、Loom としてのサービスは1か月以内に終了するという。現在 Loom は新規ユーザーを受け付けておらず、既存のユーザーにはサービスが5月16日に正式に終了するとアナウンスしている。既存ユーザーには、自分の写真を Dropbox にエクスポートするか、あるいは Loom にこれまでアップロードした全ての画像を .zip ファイルでダウンロードするという選択肢がある。前者を選択した場合、これまで Loom で使用していたのと同じ容量のクラウドストレージが Dropbox でも割り当てられるという。

Dropboxはまた、「HackPad」という会社も同時に買収した。HackPad は wiki のようなコラボレーション編集ツールで、こちらは Dropbox が最近発表したコラボレーションツール「Project Harmony」を強化するのが目的と思われる。

関連記事:Dropbox がビジネス用コラボレーション・ツール「Project Harmony」で Google Docs に宣戦布告

Loom とは異なり、HackPad は今後も既存ユーザーと新規ユーザーに向けてサービスを継続するようで、同社は Dropbox と協力して「新しいサービスを提供する」と述べている。

画像提供:Adrianna Lee

Pocket