Pocket

株式会社リクルートライフスタイルの提供する無料POSレジアプリ「Air レジ」と、freee株式会社のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」が連携を開始した。

これによって、Airレジを利用している店舗の売上データを、自動でfreeeの会計データとして取り込むことができるようになる。日々の売上の集計・会計ソフトへの入力の負担を大幅に削減でき、より簡単に決算書・申告書の作成が可能となる。

「Air レジ」は、小売業、飲食業、各種サービス業に必須のレジ業務がスマートフォンやタブレットで行える無料のPOSレジアプリ。2013年11月19日にサービス提供を開始し、4ヶ月で、Airレジの登録アカウント数は3.5万を突破したという。従来型のレジシステムに比べ、導入費用などのお店のコスト削減、業務負荷の軽減を実現を目指したサービスだ。

「freee(フリー)」は、個人事業主や中小企業のためのクラウド会計ソフト。銀行口座やクレジットカードの明細を自動で取り込み、記帳を自動化できることが大きな特徴で、日々の経理作業が、従来のデータ入力を伴う方法のおよそ50倍の速さで行えるという。freeeは元Google社員らによって開発され、2013年3月19日にリリース。サービス開始から1年で既に60,000を越える事業所に利用されている。

今回のAirレジとfreeeの連携により、Airレジで集計した売上のデータが1日1回freeeに自動で取り込まれ、freee上でそのまま会計データとして反映されるため、毎日の経理業務の負担の大幅な削減が期待できる。

また本日より、Airレジの利用者で応募した1,000名(抽選)に、freeeの標準プラン(有料)1年分がプレゼントされるキャンペーンを開始している。(詳細は特設サイト参照: http://airregi.jp/campaign/freee/ )

Bathroom-selfie3
株式会社リクルートライフスタイル 代表取締役 北村吉弘氏(左)とfreee株式会社 代表取締役 佐々木大輔氏(右)

リクルートライフスタイルとfreeeは、今後もプロダクト連携の枠を超え、お互いの強みや事業領域を活かし、営業面やサポート面でも個人事業主・中小企業を全面的にバックアップしていくことで、日本のスモールビジネスのワークスタイルに変革をもたらし、より本業にフォーカスできる環境を実現していきたいとしている。

Pocket