本記事は、SNS株式会社のファウンダーである堀江 貴文氏が発行するメールマガジンの一部内容をReadWriteJapanにご提供いただいたものです。

Googleがスマート火災警報器「Nest Protect」の開発元を3300億円で買収

Googleから、「全ての世界に拡がる電子機器とネットを結びつけコントロール可能にすることによって、世界中の情報がリアルタイムに収集され分析され便利なサービスに結びつく」という社会を、なるはやで実現させたいという強い意志を感じる。素晴らしいリーダーシップ、そして資金力。私も資金力をつけなければ、と痛感。

ヤフー宮坂社長「誰でもモノを売れる時代に」 EC事業で自治体と連携

とりあえず知名度の高いヤフーがECの手数料をタダにしたことで、このように盛り上がってきてはいるのだが、これからはスマートフォンの時代。アプリケーションやサービスの使い勝手を向上させていかないと消費者には受け入れられない。そういう意味で、これまでのただモノを売るECとは違った視点が必要であろう。

グーグルにロボット企業売った若手起業家、新ファンド設立

このようなファンドは大歓迎だ。投資ファンドというと、どうしても短期的な収益を追いたがるのとテクノロジーに対する知識不足が相まって、なかなか資金が集まりにくいという現状があるようだ。私がライブドア時代にやりたかった(というか既にやっていた)ことなのだが。まあ、Googleなんて巨大なテクノロジー系ベンチャーキャピタルとも言えるし、世界的にこのような動きが加速してほしいものだ。

※堀江氏の公式メールマガジンの購読は下記サイトのメルマガ一覧のリンクより申し込み頂けます。

http://horiemon.com/

Pocket