Pocket

Pinterestのベテラン オブザーバーとして腹立たしく思っていることがある。Pinterestのことを「ニッチな」ソーシャルネットワークと呼ぶ人たちがいることに我慢ならないのだ。

確かにPinterestユーザーの大部分が女性だということは今更言うまでもないだろう。しかし、人口の50%を一体いつから「ニッチな」利益団体だと認識するようになったのだろう?

3人の男性の共同創立者によって考案されたPinterestのビジュアル プラットフォームは、靴のコレクションであると同時に切手のコレクションでもあるようにイメージされている。Pinterestを実際に体験したReadwriteのBrian Hallはその普遍性を見出し、次のように表現した。「もしPinterestが雑誌だったら、みんなトイレの近くに置いておきたがるんじゃないかと思う」。

ユーザーは現在7000万人だが増え続けており、Pinterestがすぐに消え去ることはないだろう。以下に、この影響力のあるネットワークに注目すべき理由を説明しよう。今からでも知っておいたほうがいい。

Facebookよりもeコマース向き

ソーシャルログイン プロバイダーであるGigyaの最近の数字を見るとPinterestがeコマース トラフィックの41%を閉めており、Facebookの37%を上回っている。Pinterestのコンセプトはモノ(友人や家族ではなく)を見つけることにあるので、eコマースにおいて優勢になるのは当然かもしれない。しかし全てのステータスにおいてナンバー1を誇るFacebookに忍び寄るプラットフォームの一つとして、これは特筆すべき業績と言えるだろう。

どこよりも採算性の良いeコマース

Pinner(Pinterestユーザー)は買い物好きだ。むしろ浪費が好きなのかもしれない。PinterestはFacebookほどのeコマース活動を行っていないにも関わらず、より多くの消費を生み出している。ソーシャル消費者(ソーシャル プラットフォーム上で商品を見つけ、それを購入する人)の平均消費額を比較すると、Facebookのソーシャル消費者が60ドルから80ドルであるのに対し、Pinterestのソーシャル消費者は140ドルから180ドルも使っている。

どこよりも高い成長率

pinterest-chart-uvs
画像はTechCrunchより(Comscoreのデータを使用)

Pinterestの驚異的な統計データは2013年に限ったことではない。昨年にはわずか9ヶ月で月間のユニークユーザー数が1000万人に達し、eコマース プラットフォームの記録を塗り替えた。この劇的なホッケースティック曲線の中でPinterestは重要なマイルストーンを打ち立て、FacebookもTwitterもその他のネットワークも追い越してしまった。

Redditよりもアクティブな登録ユーザー

男性はRedditを好み、女性はPinterestを好むと言われてきた。そうだとしたらこの男女の戦いでどちらが勝者であるかは明白だ。両者とも7000万前後のアカウントが登録されているが、この数値からは誰がどれくらいサイトを利用しているかを知ることはできない。アカウントを登録した人の多くはその後二度とログインしないものだ。Redditの最近の数字に関して言えば、7000万人のうち先月ログインしたアクティブユーザーはわずか200万人に過ぎなかった。
一方で、Pinterestは最近の調査によると7000万人のうち2000万人のユーザーが6月中にピン機能やLike機能を使用している。

ピンはツイートよりも関連性が高い

5億人の登録ユーザーを抱えるTwitterにPinterestが詰め寄るのはまだ先のことだろう。しかし関連性に限って言えば、Pinterestは既にこのマイクロブログの巨人と競合していると言える。
マーケティング会社Piquoraによる最近の調査では、平均的なツイートが有用である期間はおよそ数分間だが、ピンは1ヶ月もの間その有用性を保つという。こうしたロングテールの理由は何だろうか?Twitterユーザーが彼らのフィードを通り過ぎていくツイートを眺める傾向にあるのに対し、Pinnerは過去のピンを検索することを好むからだ。

PinterestがiPadを支配する

iPhoneを支配しているのはFacebookだが、iPadではPinterestが優勢だ。ShareThisの調査によるとタブレット上のソーシャルアクティビティのうち、ほぼ50%をPinterestが占めているという。ソーシャルネットワークサービスの利用はコンピューターよりもモバイルデバイスの方が多い(Comscoreの調査では55%以上)ことを考慮すれば、ピン機能がどれほど使われているかを把握できるだろう。

もし今後誰かがこの「ニッチな」ソーシャルネットワークを指して女性の靴のコレクションに過ぎないなどと言及していたら、その間違いを正してやることをお勧めする。

※画像はRoxanne Ready氏提供(Flickrより)

Pocket