Facebookがはた迷惑な自動再生動画広告のテストを開始

今週、米Facebookは自動再生動画広告のテストを開始した。この機能は同社のウェブサイトとモバイルアプリに反映される。Facebookが今年の9月に動画の自動再生機能を発表したときから、同社がいずれ動画広告を扱い始めることは明白だった。

そしてそれが現実になったのだ。

関連記事:Facebookの新機能「動画自動再生」は、動画広告に向けた陰謀だ

テストに使われているのは「Divergent」のトレーラー動画だ。Facebookは限定的なテストだと言っているが、同社が他の広告主の自動再生動画広告も手広く展開するようになるのは時間の問題だろう。

お気付きかもしれないが、友達がシェアした動画や自分がフォローしているページに埋め込まれている動画も既に自動再生されるようになっている。今回開始された動画広告もこれらと同じ挙動になるのだろう。ページをスクロールして動画広告が画面に現れると、音声はオフの状態で再生が開始される。動画広告をタップもしくはクリックすると音声もオンになるという仕組みだ。再生が終了すると、同じ広告主による他の動画がさらに2つ表示される。もっと広告が見たいという物好きな人はクリックするといいだろう。

今回のテストは一部の少数ユーザーに対して行われているという。Facebookによると動画の自動再生を止める方法は存在せず、見たくなければページをスクロールしてやり過ごすしかないようだ。

モバイルユーザーにとって一番心配なのは、動画広告を表示するために余計な通信費用がかかるのではないかという点だろう。Facebookが主張するところによれば、動画はWi-Fi接続がある間に事前ダウンロードされるので、通信費用が発生することはないそうだ。

以下の動画で、Facebookの自動再生動画が紹介されている。

Pocket