本記事は、SNS株式会社のファウンダーである堀江 貴文氏が発行するメールマガジンの一部内容をReadWriteJapanにご提供いただいたものです。

中国で「ビットコイン」バブル、取引量は世界の3分の1に
中国、仮想通貨への投機熱に警戒 金融機関にサービス禁止通知

全世界的な金融緩和による金余り現象は常にバブルの対象を求めている。流動性があまり高くない金融商品が狙われる傾向にある。そんな傾向にピッタリだったのがビットコインであったというわけだ。バブルというのは、いつかは弾けるわけで、特に当局が介入すると急速にしぼんでしまう傾向がある。しかし中国人、こういうの好きだなあ……。

グーグル、ロボット事業に参入 東大発VBを買収

リアル・アンドロイド製作かと話題になっているが、Googleは検索連動広告から上がる莫大な収益を先進技術開発に惜しみなく投資している素晴らしい企業である。私も同じような事がしたいものである。Googleが参入した市場はどんどん盛り上がってくるはず。楽しみだ。

3Dプリンタでリチウムイオン電池を「印刷」する技術をハーバード大学が開発

こういうミクロの世界でも3Dプリンタによるイノベーションが浸透しつつある。たしかにスマートフォンの容積のほとんどをバッテリーが占めていることはカバーを外せば分かること。インテルがモバイル市場で全く存在感を示せないのも省電力CPU,GPUの開発で遅れを取ったからだし、バッテリーの小型化が可能になればこれはデバイスの形を大きく変えることになるし、ナノデバイスも可能になる。

※堀江氏の公式メールマガジンの購読は下記サイトのメルマガ一覧のリンクより申し込み頂けます。

http://horiemon.com/

Pocket