Pocket

無料の家計簿やクラウド会計ソフトなどを運営する、株式会社マネーフォワードが主催するイベント「クラウドEXPO」が先日4月23日に開催された。多数の企業の代表や堀江貴文氏、大前研一氏などがゲストスピーカーとして登壇し、会場は大いに盛り上がりを見せた。

イベントでは、株式会社リクルートライフスタイルが運営する「Airレジ」とクラウド印刷サービス「ラクスル」による「クラウドが変える新時代の商売」という名のセッションも催され、クラウドを活用した“商売”について講演が行われた。

Airレジ クラウドによる業務効率化と売上向上の同時実現

2_DSC_9267_00
冒頭では、株式会社リクルートライフスタイル執行役員 大宮英紀氏より講演が行われた。POSレジと機能をもつ無料の“POSレジアプリ”「Airレジ」における、クラウド機能のメリットについて、「売上がクラウド側に、リアルタイムで反映されるため、例えばお店での売上状況を店舗オーナーが自身のスマートフォンで見ることが可能になる。どの商品が売れたかなど、細かい細部までリアルタイムにいつでもどこでも確認可能だ。さらに、どの商品がそのお店にとって、売り上げが占めるかといった情報についても瞬時にわかるため、メニュー開発などにも役立ち、業務の効率化と売り上げ向上を同時に実現しているともいえる」と語った。

また、その他のメリットとして、「リアルタイムにクラウドに予約表を入れることができ、カレンダーからどの日に何組のお客様が入っているか、ということが一目でわかるようになる。また、常に過去いらっしゃったお客様の情報もずっとためこんでいるため、お客さんの情報を呼び出しそれに応じた接客をすることもできるようになる」と語った。

ラクスル 印刷をクラウド化し顧客と印刷会社双方のメリットを両立

3_DSC_9318_00
次に、ラクスル株式会社の松本 恭攝代表によるプレゼンテーションが行われた。クラウド型のネット印刷サービスを運営するラクスルは、国内に1,000を超える印刷会社のネットワークを持ち、低コストで印刷を販売するというビジネスモデルになっている。このシステムのメリットについて松本氏は、「お客様にとっては、インターネットを介すことにより料金が明解、高品質な印刷物を提供できる。印刷会社からすると、印刷機の稼働時間が増え業務効率の向上にもつながる」と語った。

他にも、「チラシのデザインをデザイン会社に頼むのではなく、クラウドソーシングを使い複数の個人の方に低コストでデザインをしていただくと、デザインをしていただいたときに複数のパターンが上がってくる。出てきたパターンそれぞれを事前に1,000人以上のクラウド上にいるメンバーの方にどれがよいか事前投票してもらうと、1番効果の出るチラシってどういったものか、その結果が出る」といった印刷をクラウド化することによるメリットについても語られた。

2社によるトークセッション

4_DSC_9319_00
プログラムの終わりには、株式会社マネーフォワードの柏木彩氏をモデレーターに、大宮氏、松本氏によるトークセッションが行われた。

両サービスの今後について、Airレジの大宮氏は「会計理論というのは日本だけではなく、世界を含めて、日々行っている行為。そのため、海外の方も含めて多くの方に利用していただけるように目指していきたい。企業にとっては、営業力とテクノロジーを使いこなす営業、エンジニアがいると、会社の組織自体も変わってくると思うので、それが企業の提供サービスと組織の両方のメリットにつながっていくと思っている」と語った。ラクスルの松本氏は「集客の中小企業の中心になっていきたいと思う。日本にある360万の中小企業の方々すべてに使っていただいて、そういうお客様に生涯使っていただけるサービスにしていきたい」と将来展望を語った。

中小企業のクラウド活用におけるメリット

今回のAirレジ、ラクスルはともに業務効率改善・集客支援・売上向上といったメリットを中小企業を中心に低コストで提供しているサービス。先日発売されたApple Watchなどを始め、今後もこういったデバイスやITの発展が見込まれる市場の中で、上記のようなクラウドサービスによるメリットを目的に応じてうまく活用していくことが、中小企業にとっての成長要因となってくる時代になっていると言えそうである。

Pocket