Pocket

開発者ならば誰でも自分のモバイルアプリの売れ行きが気になるものだろう。だが、成功するチャンスを掴めるか否かは、数々の作業やテストを経て、最終準備を終えるまではわからない。アプリをリリースし、売り込む場合にはなおさらだ。

タイミングが全てだ、とSensor Towerは述べている。同社はアプリ・マーケティングおよび最適化を行っている企業だ。4月3日、同社はiOSアプリに関して新たな報告を発表し、アプリ・マーケティングには、おおむね週末が適しているとしている。ほとんどのカテゴリにおいて、ユーザーが最もアプリを利用・購入・ダウンロードするのは週末ということだ。

だが、全てのアプリやユーザーは一様ではなく、アプリによって異なるものでもある。

アプリが購入・ダウンロードされる時間帯とその理由

MTI5MjMwNTYxNzYyOTIwNDU4

ユーザーが最もアプリを購入・ダウンロードするタイミングを把握し、そこを狙ってユーザーに届ければ、アプリのヒットに大きく影響するだろう。

Sensor Towerは市場分析やマーケティング・データを提供している。同社のデータ・サイエンスチームは、今年の1月から3月にかけて、米国でのiOSアプリのダウンロード数および予想収益を分析した。

われわれは米国内で週単位のiOSアプリダウンロード数と収益をカテゴリごとに集計しました。そして、曜日別にその割合を分析したのです。

同チームはこのデータを掘り下げて曜日ごとに結果を比較し、App Storeの全カテゴリに関して、アプリを宣伝するのに最適な曜日を割り出した。

ほとんどのカテゴリでは誰もが予想する結果と一致していた。アプリの宣伝には、概して週末が適しているということだ。ライフスタイルに関連するアプリは特にそうである。

しかし、ユーザーが週末の楽しみを大切にしているのだとしたら、平日は仕事に集中していることになるから、ビジネス用アプリの売れ行きがいいのは月曜から金曜の間だ。実際に使用・購入するのは週末だとしても、ユーザーはオフィスにいる間に金融アプリをダウンロードしたりもしているようだ。また、ユーザーは曜日に関係なく生産性を上げようとしており、アプリの利用数と収益は、曜日を問わず比較的安定している。

一方、医療アプリにはばらつきがあった。ダウンロード数が最も多いのは日曜だが、収益が多くなるのはなぜか日曜から水曜・木曜の間だった。

さらに詳しいデータやその他のカテゴリを見るには、Sensor Towerの報告をチェックしてみてほしい。

アプリをリリースするタイミング

MTI4NzQxMTAyNzI2NDUzNzI2

このような情報はマーケティング効果を高めるだろう。既に発売済みのアプリを売り込む場合には特に。新アプリのリリースやアップデートを行う際に時期を調整し、宣伝するほうが難しいかもしれない。

iPhoneアプリのメーカーは、アップルが自社のアプリを認可してApp Storeに掲載する時期を常に正確に把握しているわけではない。同社は直近5営業日内にアプリ審査される割合が何%かわかるツールを開発者向けサイトで提供している。また、「審査に要する時間はアプリケーションによって異なります」としている

Shiny Developmentはコミュニティのフィードバックから情報を集めている。同社によると、モバイルアプリの場合、App Storeの審査には平均8日間かかるという(Mac用アプリケーションの場合はわずか5日間だ)。

数年前のアップルでは審査が数か月も遅れたり、はっきりしない物言いで開発者を困らせてきた。それに比べれば状況は良くなっている。しかし、Androidアプリの開発者が、Google Play の審査にたった2、3時間待てばいいのとは未だ比べ物にならない。もしもアップルがわずかでも問題を見つければ、リリース・スケジュールはこの厄介な問題によってさらに延期しなくてはならなくなるだろう。

アプリケーション審査ガイドラインの文面に従えば、無駄は極力少なくなるはずだ。さらに、アップルは開発者に向けてリリース日を設定する方法を掲載している。審査に時間がかかっても構わないなら、それに応じてマーケティングの計画を立てることが可能だ。計画を台無しにするような問題が起きないように願い、成功を祈ろう。

そうすれば、もしかして、ひょっとして、本当にアプリが週末に大ヒットするチャンスを掴めるかもしれない。

画像提供:
トップ画像:Jason A Howie
チャート画像: Sensor Tower

Pocket