オラクルがインメモリ・データベース技術で巻き返しを図る
Pocket

サンフランシスコで開催されたOracle OpenWorld 2013の基調講演で、オラクルCEOのラリー・エリソンが自社の新しいインメモリ・データベース技術のリリースについて熱く語った。しかしなぜか、この分野における最有力ライバルであるSAPについては奇妙なほどに非対抗的な姿勢を保っていた。

インメモリ・データベースとは、(ライバル製品「SAP HANA データベース・アプライアンス」のように)データストレージとしてディスクの代わりにメモリを利用するものである。メモリの方がアクセスやリクエストの時間が速いため、レスポンスが重要となる大容量の環境においては非常に高いパフォーマンスを期待できる。

Oracle Database 12cに追加されるインメモリ・オプションの発表は、今講演の目玉だった。エリソンは、100倍のクエリ解析スピードと、トランザクション・プロセスにおける2倍の処理スピードを提供すると断言しており、この新しい技術は「神をも恐れぬ」パフォーマンスを誇ると表現した。

エリソンによると、この技術は行指向データベースのようにトランザクション·データを扱いつつ、同時に列指向データベース並みの強力なクエリ解析能力を持つという。このデュアル・フォーマットの仕組みによって、データをディスクドライブではなくシステムメモリ上に保持することで期待されるよりも、はるかに速いスピードを提供できるようだ。

エリソンの主張を裏付けるように、インメモリ・システムのデモでは1秒間に70億行ものデータ照会を行っていた。ちなみに、ディスク・ベースのデータベースが1秒間に処理できたのは5万行である。

インメモリ技術は、Database 12cの新たなオプションというだけではなく、オラクルの新製品であるBig Memory Machineサーバー「SPARC M6-32」と「Oracle Supercluster M6-32」の中核でもある。オラクルのプレス発表には次のように書かれている。「最大32テラバイトのメモリと最大384プロセッサコアを備えたSPARC M6-32サーバーは、すべてのアプリケーションとデータベースをインメモリで実行することを可能にし、かつてないパフォーマンスを提供します。また、SPARC M6-32サーバーとExadata Storage Serverを統合したOracle SuperCluster M6-32は、オラクルデータベースのパフォーマンスに向けて最適化されております」

インメモリで巻き返しを図るオラクル

オラクルはこの分野で大成功を収めておく必要がある。SAPのHANAインメモリ・システムは既に企業から多くの注目を集めているし、IBMやマイクロソフトもまさに今、独自のインメモリ・ソリューション開発に取り組んでいるからだ。

エリソンの論調が普段よりも控えめだった理由はこのあたりにありそうだ。彼はSAP HANAについて明確な言及を避けていた。おそらく、対抗馬であるデータベース・アプライアンスに余計な注目が集まることを嫌ったのだろう。しかし、同社の別製品Exadataの追加販売は特に痛手を受けないはずだ。マーベル大作映画におけるプロダクト・プレイスメントの効果(※)によってこの製品ラインがどれほどの利益を上げているか、全く計り知れないのだから。

※オラクルは映画「アイアンマン」のスポンサー企業であり、作品中には同社のロゴが多数登場する

Pocket