ビッグデータの世界:マーケティング担当者は我々のことをあまりにも知らない
Pocket

ビジネスにおいて、ビッグデータはその名の通り大きな問題である。マーケティング担当者はビッグデータを通して我々の内に秘められた思考や購買パターンを読み取り、選りすぐった商品を売り込む。少なくともそうすることを夢みている。今のところ、少なくともデータ上では、マーケティング会社は実際に私たちについて多くを把握しているようだが、彼らの夢が実現する日はまだ遠いようだ。

ビッグデータ・マーケティングの悲しい現実

ウェブ検索やオンラインショッピングなどの履歴から、マーケティング担当者がいかに我々消費者に合った商品を売り込むかについて、私たちはよく知っている。私たちのクリックはすべて記録され、そのデータがまた我々消費者に対して使われる。私たちのプライバシーは永久に失われてしまったのだ。

しかし、現実はそう甘くはない。ビッグデータはあらゆる事を知っていると言われているが、それを使っているマーケティング担当者は実際のところ、ほとんど何も分かっていないようなのだ。

あなたが目にする広告やオファーはどのようなデータに基づいて決められるのか、不思議に思ったことはありませんか?ここに来たのは正解です。About The Dataはあなたの質問に対する答えを提供します。それは、あなたやご家族が意味のあるオファーを受けられるように手助けし、市場を活気づけるためのデータなのです。

この消費者に関するデータについて我々の理解を助けるために、AcxiomAboutTheData.comというウェブサイトを立ち上げた。そのサイトでいくつかの個人情報(名前、生年月日など)を入力すると、マーケティング担当者がその情報からあなたについてどのように判断するかを知ることができる。このサイトはAxciomがデータを収集するための手段でもあるのだろうが、ビッグデータが私たちについて何を語るのか、見てみるのは楽しいものだ。

例えば、私についてAboutTheData.comは次のように語っている。「歳は40歳、アラブ人のトラック運転手で、民主党に投票し、子供が生まれたばかり。そしてファッションに夢中」。

おや、一つだけ当たっている。

Businessweekのレポーターを努めている友人、アシュリー・ヴァンスの場合は、「イタリア人のシングルマザーで子供は一人。そろそろ仕事を再開する時期」となった。あなたがアシュリーという名前をどう思うか知らないが、この友人は正真正銘の男だ。しかも彼のイタリア人的要素といえば、ピザを注文することぐらいである。ドミノ・ピザで、だが。

広報エグゼクティブである友人のロン・ジョンソンが次のように書いているのも無理はない。「現在のビッグデータによる個人分析がこの程度なら、まだまだ安心だと思った。」

すべてがだめなわけではない

もちろん、AboutTheData.comサイトの情報にも正確なものはたくさんある。私は確かに慈善活動に寄付をする(どうやって私の領収証を手に入れたんだろう?)。1930年代に建てられた家に10年間住んでいる。オンラインで買い物もよくするし、たぶんAcxiomが推測するのと同じくらい、お金を使っているだろう。

不思議なのは、このようなデータがあるにもかかわらず、私がウェブ上で見る広告(たいていは広告ブロックツールで消しているが)は概して私の趣味とは見当違いであることだ。娘がプールに連れて行けとせがむので、私はスバルのオートバックを中古で買いたいと思っている。そこで、有名な中古車販売のウェブサイトに長時間アクセスし、車に興味があることを記録に残してきた。それなのに私はいまだに、この明確な購買意欲にぴったりの広告を一つも見たことがない。

表示されるのは、ありがちなばかばかしい広告だけだ。新しい言語の学び方、奇跡のダイエット薬、等々。

よって私は、オプトアウト(※)することで不利益を被ることがあるというAcxiomの警告を信用できない。

※広告の送付や個人情報の使用を拒否すること

Acxiomのオンライン/オフラインのマーケティングデータからオプトアウトしても、マーケティング広告を受け取ることは避けられません。あなたの興味に合わせて選ばれた広告を受け取る代わりに、より一般的な広告を見ることになります。例えば、お気に入りのバケーションスポットのお得なホテルパッケージのオファーを受ける代わりに、最新で最高の減量法の広告が表示されるようになるでしょう。

私はまだ一度もグランドタージーバケーションの特典付広告を見たことがない。新しいロシニョールのスキー板、S7sの購入を勧める広告も表示されない。私はそれが欲しくて、興味があることを示すために死ぬほどシーズン最新モデルをクリックしたというのに。

これら以外にも、私が本当に欲しい物の広告は決して表示されないのだ。

おそらくAcxiomも他のオンラインマーケティング会社も、そんなオファーを送ってくることはないだろう。なぜなら、彼らは私をアラブ人だと思っているからだ。そしてトラックを運転し、民主党に投票すると思っているのだから。それでもビッグデータは私のことをよく知っているはずだし、一度くらいは私にぴったりな広告が来るかもしれないと、つい期待してしまうのである。

Pocket