Dropbox が Mailbox アプリの Android 版とデスクトップ版を発表

水曜日にサンフランシスコで行われたプレスイベントで、Dropbox の CEO ドリュー・ヒューストンは同社のMailbox アプリケーションに関するいくつかのアップデートを発表した。
まず、これまで iOS のみに対応していた Mailbox モバイルアプリに Android 版が加わった。同社はさらにデスクトップ用の Mailbox も限定のベータ版として公開している。Mailbox のデスクトップ版では、モバイルユーザーにはお馴染みのスワイプとジェスチャーによるアクションが、トラックパッドによって使用可能になっている。

スワイプ操作による削除を始め、単純化されたインターフェースや合理化されたウィンドウ構成など、Mailbox のメイン機能は一通り揃っている。また、「Auto-Swipe」と呼ばれる新しい機能も導入された。これは、ユーザーの共通のアクションを学習することでそのタスクの自動化を支援する、いわば予測ツールだ。例えばユーザーが毎朝、特定の送信者からのメッセージを常にアーカイブに保存したり、あるいはメッセージをスヌーズ(先送り)している場合、Auto-Swipe はその行動を認識してユーザーにそれを自動化する選択肢を与えてくれる。

Auto-Swipe は現在 Android 版のアプリのみで利用可能だが、iOS 版でもまもなく提供される予定だという。

デスクトップ版 Mailbox アプリのベータ版に登録するには、Mailbox のサイトにアクセスする。Android 版のアプリは Google Play ストアで利用可能だ。

Pocket