クリスマスプレゼントと聞くと何が思い浮かぶだろう。仕事仲間から家族や友人をはじめとした親しい間柄でも、実際に何を貰ったら喜んでもらえるのかは把握しきれず、贈る側のセンスが問われる。

そこでアメリカのReadWriteの編集長が推薦するギフトを紹介しよう。今年のプレゼントはサプライズを込めて、日本では珍しい海外の一品を贈ってみてはいかがだろうか。

OneOddBirdのバックパック

OneOddBirdのバックパックは軽量で耐水性があり、相手が女性であればガールフレンドから仲の良い同僚に至るまでピッタリのギフトだ。オフィスやジム、街の散策などどこにでも持っていける。明るくポップな色使いのバックパックは、サングラスなど中に入れた大事なものをダメージから防いでくれる。

NatureBoxのスナック詰め合わせ

NatureBoxはひと手間掛かったスナックをバランス良く詰め合わせにして提供している。本物の材料で作られたスパイシーカシュナッツやミニベルギーワッフル、ドライアプリコット、照り焼き味のビーフジャーキーなど幅広く、またヴィーガン向けやグルテンフリーといったオプションもある。相手に気に入ってもらえれば、飽くことなく継続的にプレゼントできるのも利点だ。

クリスマスにちなんだSock Fancy

クリスマスプレゼントから連想する伝統的なイメージとくれば靴下だろう。ではそれにちなんで素敵なソックスをプレゼントしてみてはいかがだろう。Sock Fancy靴下のサブスクリプションサービスで、目を惹くデザインの靴下が送られてくる。バリエーションも豊富で、ちょっとした贈り物にはうってつけだ。

COZMOでお馴染みのAIロボット

2018年にタカラトミーからCOZMOが発売されたことでご存知の方も多いかもしれない。その進化版であるAIロボットのVectorは、写真を撮ったり、キッチンタイマーとして使えたり、あるいはブラックジャックのディーラーにもなってくれる。近いうちにAlexaにも対応するというから楽しみだ。

アウトドアに役立つHydro Flask

これは日本でも購入できる全米で人気のユニークな魔法瓶だ。Hydro Flask断熱のための二重真空構造を持った水筒で、寒い季節には温かい飲み物を6時間、冷たい飲み物なら24時間温度を保ってくれる。また、ビールの炭酸もキープできるモデルも発売されているので、ジムやビーチ、町歩きのお供に最適だ。

プレゼントで何を贈ればいいか悩むのは、同時にとても楽しいことだ。
今回紹介したギフトが、贈る相手に喜んでもらえるアイデアのきっかけになることを願う。