株式会社リクルートジョブズが運営する求人媒体JobQuicker(ジョブクイッカー)にて、シフト管理者775名に「アルバイト・パートの人員配置・シフトに纏わる問題調査」を実施した。本調査では昨今の人手不足の影響を受け、アルバイト・パート領域における事業者の現状把握を目的としている。

シフト決定をしたくても約40%が「埋まらない」


シフト決定の頻度は「月に1回」が51.1%、「半月に1回」が20.8%となり、7割以上の人が「半月~1か月に1回」で決定している。一方、シフト決定する際に39.2%が「シフトが埋まらない日あり」と回答。更に“シフトが埋まらない日”を聞いたところ、「月に3日以上シフトが埋まらない」と回答した人は7割強の結果になった。昨今の人手不足等の影響もあり、シフトを埋めること自体の難易度は上がっていることが見てとれる。

シフト確定しても「急にシフトが空く」は7割、フレキシブルな人員の充足が求められる


シフト確定後に「急にシフトが空く」と回答した人は約7割、多くの事業所や店舗がシフト組みに悩みを抱えている。その要因は約9割が「従業員の急な欠勤」と回答。また「急な団体予約が入った」19.9%、「特定の繁忙期のみ人手不足」15.3%と突発的な欠員に対し、フレキシブルに人員の充足ができない状況が窺える。さらに「シフトを組む段階で人手不足」と回答した人は18.2%と、慢性的な人手不足の状況も見受けられる。

人手不足は「12月」が最も高く発生、取るべき対応策は・・・?


シフトの空きが発生することが多い月の上位は12月(43.5%)が最も高く、次に8月(32.2%)という結果になった。12月が最も高い要因は年末の忘年会や商戦シーズンを迎えること、さらに人手不足などの要因により臨時の人員確保が難しいことが挙げられます。また8月は学生の夏休みによる影響が考えられる。

シフトの空きが発生した際の対応策として最も回答が多かったのは「自身、もしくは当日メンバーで頑張る」が64.4%という結果となり、人員確保が上手くできず、実質的な対応策が取れていない事業者が大半だ。また、「系列店舗にヘルプを頼む」「回答者ご本人もしくは従業員の知人に頼む」と回答した事業者も多く、自店舗だけでは対応しきれていない状況が理解できる。実際にこういった店舗の声として、「急な欠員に対応したスタッフが負担を感じている」「ヘルプを常態的に頼むことが申し訳ない」といったものがあり、対策を必要としている様子が分かるだろう。

どうしてもシフトが埋まらないときはJobQuickerで超短期バイトを簡単に募集~採用


そのような対策の一つになるのが、JobQuickerだ。JobQuickerは人手が足りないときに1日だけ働いてもらえるスポットバイトのスタッフを、すぐに、そして簡単に、募集から採用までできるサービスだ。スマホで簡単に募集から採用まで完結でき、ご利用申込とアカウント発行後、すぐに募集が開始できる。また勤務直前まで募集可能で、急な欠員が出ても人手を探すことが可能だ。