AI技術は紛れもなく世界に旋風を巻き起こしている。我々の買い物やコミュニケーション、移動に至るまで、このテクノロジーはあらゆる物事に変化を与え、我々は益々AIと寄り添うようになり、ついにその領域は生命に関わる範囲まで広げようとしている。AIに関する教育を5年以上に渡って携わってきたドイツのアンドレイブ氏は「AIのポテンシャルは未だに把握しきれず、これまで我々が想像できなかったことさえも知り得るだろう」と述べる。

そもそもAIとは?

AIとはアーティフィシャル・インテリジェンスの略称で、人工知能のことを指す。人間の思考回路をシミュレートしようとするコンピュータサイエンスの一種だ。コンピュータがデータの山から共通点を認識し、予測を導き出す。AIの予想はマシンラーニング(機械学習)と呼ばれる技術により精度を向上させている。人のアクションや論理的思考を模倣することにより、機械は自動運転や買い物のトレンドの特定をするようにプログラムされるのだ。このテクノロジーは何年にも渡って開発が続き、今では経済の様々な分野で活用され、効率と結果の最大化に寄与している。

ヘルスケア分野におけるAI

ヘルスケア業界でもAIは活用されている。昨今驚くべきことに、Googleが「人間の死」の予測に使用できるAIを開発した。これの開発において、Googleはサンフランシスコ大学とカリフォルニア大学、シカゴ大学医学部、そしてスタンフォード大学医学部の協力を得た。Googleの主張によれば、驚くべきことにAIは従来の医師による死亡予測モデルよりも正確に患者の死を予測できるそうだ。

Google AIはどのように機能するのか

AIによる死亡予測結果は2018年5月刊行のある記事に掲載された。患者の年齢や性別、人種、前回の診断結果、現在の症状、研究所の分析結果などのデータ処理に基づき、さらにこのシステムはPDFやチャートからもデータを拾い出し、予測が可能だ。そしてアルゴリズムの検証の結果、95%の精度で死亡を予測し、これは従来のモデルより10%以上も正確なのだそうだ。

あるケーススタディでは、GoogleのAIが転移性のがんを患っている女性のデータ17万6千人分から、ある女性は19.9%の確率で死亡すると宣告した(同病院の医師が宣告した数字は9.3%だった)。

そしてなんとAIの予想した通り、その女性は2週間後に他界し、専門家の予想を上回った。AIの死亡予測は完璧ではないにしろ、より多くのデータから学習することで精度は増していくだろう。これらヘルスケアテクノロジーの改良は、医療におけるヒューマンエラーを回避し、より多くの命を救う手立てになり得る。

GoogleのAIテクノロジーは専門家の診療や診断をアシストし、結果、患者のケアの拡充に繋がるだろう。これから我々はAIと共に末永く生きていくための道筋を共に歩んでいくことだろう。