コンピュータの止まらない進歩につれて、人々は仕事でもより多くの時間をコンピュータと共にしている。同時に入手できるデータもかつてないほど増加し、適切にこれらを管理(マネジメント)すること、つまりCDM(顧客データマネジメント)がビジネスにおけるエンパワーメントの手段であり、その重要性は言うまでもないだろう。

CDMに伴う顧客管理の効率化

CDMは複数のソフトウェアアプリを統合し、効率的且つ信頼できる顧客情報をまとめる近道になるだろう。新しい顧客が何を求めているのかを理解する上で明らかな効果を発揮するだろう。CDMは顧客管理だけでなく顧客フィードバック管理(CFM)を効率化する。IT・営業・人事など、社内の異なる部署間で統一的に使えなければならない理由はそこにある。

CDMの主な目的として、顧客データのカテゴライズとクラス分け、データの収集と保管、正確なデータの修正と保持はもちろんのこと、カスタマーサポート、アンケート、レポートなどのデータ、顧客のフィードバックや反応から傾向と特性を抽出し、顧客データを組織化した上で従業員と共有することが可能だ。

CRMソフトを使った連絡先管理

CRMソフトフェア企業のESP Leisureは、25年以上にわたり多くの有名な組織に効率的なマネジメントソリューションを提供している。必要なナレッジがCRMから得られるため、簡単且つコストパフォーマンスの高いオーダーメイドのソリューションを実現している。CRMは管理モジュールに必要な情報を持った顧客データベースを抱えており、顧客プロファイルや取引、マーケティング情報を管理する社員が即座にアクセスできる。メンバー個人や特定のセグメントをターゲットにできることから、顧客とイノベーティブな方法で繋がり続けられるのだ。

CRMがもたらすメリットとして、問題の特定と把握、システム内部あるいは外部からインポートされた記録とのドキュメント比較、手作業によるファイル整理の削減、予約や訪問履歴に基づく統計的分析、フレキシブルな顧客サーチを可能にする特定セグメントに向けてカスタマイズされたマーケティングキャンペーンなど、挙げると切りがないほどだ。

現在から顧客が何を求めているのか学ぶ

適切なデータマネジメントは、自社の理想の顧客イメージとそれに対する現在のクライアント像を描く手助けになる。一度イメージが定まれば、相手が望むものを提供できる適切なマーケティングが可能になるだろう。