ストレスは誰にとっても回避したいものだが、決して無くなることはない。ストレスに囚われてしまえば、何事も腑に落ちる形には至らない。平日を心安らかに過ごせるように、尚且つ環境の改善を実現することは可能だ。簡単だからこそ意識していないと忘れがちな3つのストレスとの上手な付き合い方を挙げてみよう。

1. 呼吸

深呼吸は自分を落ち着かせる手軽な方法だ。安眠や仕事においても役立ち、呼吸に集中することは場所を問わず誰でも実践できる瞑想なのだ。ポイントは一貫して呼吸に集中することである。

ストレスを感じるなというのはアドバイスとしてはひどいだろう。どうすれば落ち着くことができるかが肝心だ。何がストレスの原因なのかを特定し、そこから事態を悪化させないためにはどうすればいいかを考えることだ。

30秒数えながら無心でゆっくりと深呼吸してみよう。数え間違えたら30秒できるようになるまで一からやり直す。Headspaceのような瞑想ガイドアプリをダウンロードしてみるのもいいかもしれない。

2. リラックスタイム

普段リラックスのための時間は意図的に心掛けておかないと忘れがちだ。ほんの30分休憩の最中にメール処理の代わりに散歩に出掛けてみるのも良い。ピークタイムで混雑する飲食店でランチを取るぐらいなら、出前を取ってくつろげる空間で食事をしてみては如何だろう。日頃から意図的にストレスから回復するための時間が必要だ。リラックスのための時間を取れるようにスケジュールを調整してみよう。30分から1時間のまとまった時間が取れないようなら、何度かに分けて時間を確保しよう。オフィスワークなら5分間だけでもコンピュータから目を離して外の空気を吸うだけでも効果はある。忙しい毎日だからこそ、休憩時間に合わせたアラーム設定など、意識的に限られた時間を最大限に生かしてリフレッシュを心掛けよう。空き時間のデスクの模様替えや、窓から外の景色をぼんやり眺めてみるのも良い。

3. 互いに会話する

会社に勤めている上で避けて通れない関係が「チームワーク」だ。たまには一緒に休憩して話でもしてみよう。もしストレスを抱えているのであれば周りにそれを伝えよう。普段お互いに打ち明けられていないだけで同じようにストレスを抱えているかもしれない。少なくともストレスの根源について話し合うことはできるだろう。余所余所しい態度を取らないのがポイントだ。腹を割って話せない関係は、結局のところチームワークに不和、つまりストレスの原因になる。

第三者の視点は、なぜストレスを抱える原因について貴重なアドバイスにもなり得る。話し相手が違うポジションを任せられているのであれば、自身の状況をフレッシュな観点で見てくれるだろう。出来る限り、普段話さない人にこそ率先して声を掛けてみよう。

おわりに

ストレスが勝手に消えることは期待できない。むしろ放っておけば事態は悪くなり、溜め込めば精神的に追い詰められる。チームワークやタスクの配分、瞑想や十分な睡眠など、ワークスタイルに応じてストレスと出来る限り上手に付き合っていくことで、精神及び肉体的に健康的な変化が表れる。感情が落ち着いていれば仕事にも集中できるようになるだろう。