母の日がやってくる。母親には家族の世話をするだけでなく、やることはたくさんあり、休める時間がしばしば夜中になることもある。そんな母親には夜をゆっくり休んでもらえば、次の日も頑張ってもらえるだろう。

だが人は常に良い睡眠をとれるわけではない。そこでテクノロジーの出番である。より多くの安眠を確保するためのソリューションがイノベーティブな企業によって開発されている。

 

Snoo イノベーティブなゆりかご

赤ん坊は一時間ごとに目を覚ますため、母親はぐっすり眠りたくても眠れない。そこでイノベーティブなゆりかごSnooだ。赤ん坊を安全かつ快適に守りってくれる。ホワイトノイズを流し、やさしく揺れることで、赤ん坊はあっという間に眠りにつき、母親も安心して眠ることができる。

 

Ecobee 快適な部屋づくりにお役立ち

 

冷蔵庫が話しかけきたらというと皆冗談のように思うが、これが電灯のスイッチだったらどうだろう? コネクテッドデバイスが素晴らしいのは我々の手助けをしてくれるからだ。サーモスタットにしても同様である。夜中に母親が子供部屋の温度を気にして何度も起きなくても彼らが代わりに調整してくれる。

EcobeeはNestの新企業として注目されはじめている。このコネクテッドデバイスを使えば、赤ん坊の部屋の温度もコントロール1つで調節できるため、母親は朝まで寝ていられる。

 

Natureboxの健康志向スナック

母親は家族のために毎日食事を作る。しかし毎日が予定通りに進まない日もあり、子供に十分なランチを作れる時間が取れない日、健康的な食事のアイデアがわかない日もある。しかしだからといって甘いクッキーやポテトチップスを与えるわけにもいかないだろう。

子供の栄養について夜遅くまで悩むよりも、Natureboxを試してみてはどうだろうか。健康的なだけでなく味も確かだ。また同社は母親が非常に簡単においしい食事を用意するためのオンライン注文にも対応している。

 

Kwik.me ボタンを押すだけのお買い物

一日の長いタスクの中には毎日、夕食の用意がある。ここでいう夕食とはペットのご飯も含む。更には掃除洗濯などと続く。そんな中よくあるのが、食料のストックがどうだったか、何が切れていたかを忘れてしまうことだ。そしてその補充を忘れた日は家族の夕飯はポテトチップスを平らげる羽目になる。

そんな母親の助けになるのがKwikである。これで洗剤やドッグフードなどを切らすこともなくなる。更に店まで出かけなくてもボタンを押すだけで、オンライン注文確認のテキストメッセージが飛んでくる。

 

Greenlight Card 子どもも大人になった気分のおつかいに

12歳くらいの子供におつかいに行ってもらおうと財布から5ドルを出そうとして、20ドル札しか無かったことはないだろうか? 「お釣りをもらって帰って来なさい」とはいうものの、それが戻ってきた試しがない。

アトランタを拠点とする勢いのある企業 Greenlightがこの問題を解決し、更には金銭についてまわる自由と責任についても子供に教えることができる。子供が持つカードにはMasterCardのシンボルと自分の名前がプリントされている。このカードを使えば釣り銭のことなど関係なしに、子供に買い物をさせることができる。更にはどこの店で支払い出できるかということまで指定可能だ。

 

Reso.ioを使って子どももお母さんも充実の休暇を

学校の休みが近づくと母親は頭が痛い。静かで落ち着いた生活に暇を持て余した子供の騒々しさがやってくるのだ。

そんな時助けになるのがResoだ。同社は地元での一日キャンプやワークショップ、アクティビティ、地元のグループの紹介を行っており、母親は子供が新しい友達を作ったり、運動したり、新しいことを学ぶための場所を探して予約を入れることができる。

 

Circle 遠隔操作で小言とさよなら

電子デバイスやアプリは子供を喜ばせるにはいいものだが、あまり長い時間やり過ぎるなと小言を言わなければならないのが母親にとっては問題だ。まず宿題をさせなければならない時はなおさらだろう。もしFacebookを中断しろとわざわざ言わなくて済んだり、子供のデバイスがどういう状況であれNetflixやYouTubeの視聴に時間制限を設けられるとしたらどうだろうか?

Circle Homeは家庭のWiFiとペアリングすることで、母親がネットワーク越しにデバイスの管理を簡単に行えるものだ。Circleアプリを使えば子どもとのストレスの溜まる口喧嘩をすることなく、画面越しに管理が行える。

 

Skybell インターホン

子育てに厳しい母親であれば誰でも、子どもといるとき、あるいは子供を残して外出する際、家の安全はしっかり確保しておきたいはずだ。

安全のためにSkybellが提供するのは、チャイムを鳴らす鳴らさないに関らず近寄ってくる人を監視することだ。WiFi対応のこのインターホンにはカメラがついており、家にいなくてもスマートフォンアプリを使って会話ができる。安心の材料になるだけでなく、ターゲットを探している泥棒などに対しても、この家は楽なターゲットではないと思い留まらせることができるかもしれない。

 

igloohome スマートロック

Skybellで誰が来たかを管理することができるようになるわけだが、igloohomeのスマートロック Deadbolt 02で、家政婦やベビーシッター、親戚が来た時などに家の中に入れることができる。

WiFiやBlutoothを必要としないこの製品は、市場で手に入る最も頑丈で先端的なロックである。

 

Pubnub 助けてくれるデバイスが増えてもセキュアのアプリで心配無用

これらデバイスはどれも素晴らしいが、導入し、安全に使い続けることについてはどうだろう?PubnubはSnooなどのデバイスとの通信を含んだあらゆる細かいことを処理できる世界最大のネットワークだ。家族に関するデータなども安全にインターネットでやり取り出来る。またセキュアなチャットアプリを使って導入中にサポートへ問い合わせも行える。

 

T-mobile Sync-up Drive 家族の車の場所はお母さんの掌の中

母親の心配は尽きないが、子供が運転するようになると心配は新たな高みに到達する。しかしT-mobileなどの通信事業者がこの心配の種を除こうとしている。

Moj.ioプラットフォームを使ったソリューションのSync-up Driveは家族の車の場所を常に把握することができる。エンジンの警告灯が点灯してないか、故障で停車してないかなども母親が常に知ることが可能だ。

 

Javapresse 煎りたてオーガニックコーヒーで癒される

忙しい母親には十分な休息が必要だが、一旦目覚めればモチベーションを上げるのに少々カフェインの助けが必要だ。子供を学校に行かせ、洗濯して、おやつの時間を挟んで、子供に宿題をさせるのは疲れる仕事かもしれない。

そこで便利なのがJavaPresse Coffee Companyのようなソリューションだ。このスペシャリティ・コーヒークラブは煎りたてにこだわり、コーヒーは焙煎から2時間以内に出荷される。JavaPresseの完全オーガニックなコーヒー豆は母親のやる気の向上と自然に優しいことをしている満足を与えることだろう。毎月のデリバリープログラムにより、買い出しに行かなくても済むのも良いところだ。

 

母親が幸福であるということ

母親が十分に休息できることは幸福であり、しばしば寝不足が原因となって嫌なことばかりに目が向くということもなくなる。ここで紹介したデバイスがあれば、あらゆる母親はよりぐっすりと眠れるようになり、自分の子供や家族、家庭が安全であるということに確信を持てるようになるのではないだろうか。