ビジネスをやりたい、お金を稼ぎたいといった理由から、多くの人達が副業に手を出すようになって来ている。ゆくゆくは本業を辞めてもいいくらい稼げるようになるかもしれないが、気を付けなければ副業で赤字を出すこともあり得る。

U.S. News & World Reportによると、副業ベンチャーで赤字を出す人は一定数いるという。資格やオフィスの賃料、税金などでお金が消えて行くのだ。また疲労や集中力の低下による生産性の低下から、本業でも悪影響が出るかもしれない。

というわけで副業を行うに際して節約は重要だ。余裕があればこそプランを前に進めることもでき、ビジネスで賢明な判断を下し、時が熟せばビジネスの拡大も行える。また目先の懐具合ではなく、ビジネスにとって何が最適化に基づいたアクションをとれる保証にもなるだろう。

以下に挙げるのは資金を費やすことなく副業で利益を上げるための方法だ。

 

1. 自動貯蓄口座を開く

多くの人はいつか貯めよう、とセーフティネットとするために、貯蓄口座と決済口座を両方持っているだろう。だが実際は米国人の57%は貯蓄口座に1000ドル以下しか預けていない。現実では思うようになかなか貯められないのは明らかだ。

この際限のない欲に打ち勝つために、自動貯蓄機能を持つ口座を開こう。Chimedには自動貯蓄プログラムがあり、これは給与の10%を自動的に貯蓄に回し、更にカードを使うたびに端数を切り上げた額が貯蓄に回されるというものだ。特に何もしなくても節約をすることができるが、決済口座の残高を気にすれば、カードを使いたいと思う気は失せるだろう。

 

2. 前金払で商品やサービスの先行予約販売を行う

Harvard Business Reviewによると、先行予約販売は長期的売上を大きく促進するそうだ。ビジネスの終盤における投資としては素晴らしいものだろう。先行予約販売は予約されたものは確実に売り上げとなり、市場があることに確信を持たせてくれるし、無理に前に進めてお金を無駄にすることもなくなる。

ウェビセミナー、Tシャツ生産ライン、通訳サービスであれ、手がけているものを先行で売ってみることだ。過去に手がけた仕事やプロジェクトなどのサンプルを提示するのはいいやり方の1つだ。そして人々に契約してもらうだけでなく、前金で支払ってもらうことだ。そうすればその時その時の原価予測が立てられるだけでなく、自分のお金を使わずにそれらをカバーすることもできる。

 

3. サービスを提供しあう

副業を始めたばかりであれば、立ち上げまでには友達や周りの人に頼ることが多いだろう。人によっては純粋な良心や、あるいはその成功を楽しみに思う心から応援してくれる人もいるが、そうでない人もいる。また始めから周りの人たちに借りばかり作ってしまうのはいい考えではないだろう。

逆にベンダーやディストリビュータ、サービスプロバイダに頼むことで、取引関係を築きあげることだ。例えばあなたがスペイン語翻訳サービスを提供しているとして、ウェブサイト制作を依頼する業者が別の顧客のために翻訳サービスを必要していたとすれば、交換条件は整っている。 あるいはあなたがTシャツ制作業を営んでるとして、スクリーン印刷を頼んでいる業者がサマーキャンププロジェクトに力を入れているのだとすれば、スクリーン印刷を頼む対価としてキャンプイベントのTシャツデザインを提供するといった具合だ。お金をかけずに副業を成功させる道は必ずある。

 

4. ブログを活用して収益を上げる

ビジネスを成功に導くために、今日ではブログは欠かせない。たとえ多くのフォロワーを持たなくとも、自身の知識や経験をサイトの視聴者と共有することはあなたへの信頼へとつながり、助けてくれる人を増やすこととなる。ブログはただビジネスを続けるためのものだと考えることもない。これ自身が収入源にもなりえる。

アフィリエイトマーケッターと提携して、ブログに広告やスポンサーの投稿、レビューを載せることで、ブログ自体がお金を呼ぶことにもなる。また例を挙げると、あなたがランニングアプリを提供していたとして、おすすめのランニングシューズのレビューを投稿していたとしたら、より良く顧客の印象に残ることだろう。スポンサーの投稿やアフィリエイトリンクからの収入は副業の妨げではなく助けるものだ。

 

5. 支出を経費として申告する

副業に税金はついて回るものだが、経費として落とすことができるなど制度として得するところもある。多くの起業家たちは74,000ページにわたる税法で許されている節税について見過ごしている。なにを経費として申告できるのか見ていくことにしよう。

もし家をオフィスとして使っているのであれば、場所代だけでなくインターネット回線など仕事にまつわる設備も経費に計上することができる。そのほか副業のために買ったものであればコンピュータからケーキのデコレーション用品まで、またかかった飛行機代や宿泊費なども旅費交通費として計上できる。しかし申告のためにはこれらすべての記録を残さなければならない。1tapはレシートを追跡し、できるものすべてを経費計上する上で助けになるプラットフォームだ。文字認識機能もあるのでデータ入力の手間も省けることから、お金だけでなく時間の節約にもなる。

副業は懐を潤すためにやるのであって、すっからかんになるためにやるものではない。入よりも出のほうが大きくならないようにするためにも、上述の方法を試して副業で利益を上げてほしい。お金の心配がなくなれば、より大きなビジネスをつくり上げることにも集中でき、やがては本業を辞めてもいいくらいになれるかもしれない。