AT&Tが2017年にラスベガスで開かれたCESで、2つのIoTスターターキットを発表した。1つはAWS開発者、もう1つはRaspberry Pi開発者向けのものだ。

これは同社が初となるスタータキットを出してから6ヶ月後のことである。これらキットは、より多くの機能を1つのパッケージで提供することで、開発者が互換性のあるサードパーティ製ソリューションをあちこち探しまわらなくていいようにするのが目的だ。

パッケージにはLTE Cat-1モデム、2本のアンテナ、プリペイドで300MB分のデータがついてくる米国とメキシコで使えるSIMカード、USBプラグ、microSD、NXP K64F開発ボードがついてくる。

どちらのキットもPubNub Dataストリームネットワークと、それに関連するAPIをサポートしており、低レイテンシで暗号化された双方向メッセージングが可能であると発表にはある。

最大級IoTプラットフォームに着目

あらゆるプラットフォームに対してオープンにする代わりに、AT&Tはビギナー向けIoTプラットフォームとしては最大のAWSとRaspberry Piに的を絞っている。これにより、開発者たちは新しい言語を覚えたりプラットフォームを乗り換えたりすることなく迅速に機能を組み立てることができる。

無線業界に停滞が見られるようになった今、AT&Tは新しい収入源を求めてVerizonとIoT市場で激しく争っている。いまのところVerizonの方が投資が大きいようだが、AT&Tはより協力的なアプローチを取ろうとしているようにも見られ、この動きは開発者の獲得に有利に働くかもしれない。

また、この分野を支配しようと考えているのはこれら二社だけではない。VodafoneやOrangeといったヨーロッパの通信会社やSprintのような企業も、同じく今年はIoT市場のパイを狙っている。だが、彼らが自前の開発キットを提供できているわけではない。この点から、AT&Tは一歩抜きんでていると言えるのかもしれない。

関連記事:通信最大手AT&Tが世界中のラストワンマイルを埋める「AirGigプロジェクト」構想実現へ

Pocket
LINEで送る