自動運転車が売り場に並び、我々がその車の価値を体験できるのはまだ先の話だが、本社をミシガン州トロイに置く大手自動車部品メーカーDelphi Automotiveはすでにその恩恵に与っている。

2016年における同社の全世界での売上予想は162-165億ドルであり、そのうち衝突防止のためのレーダーやカメラといったアクティブセキュリティ技術を活用した装置は3億千万ドルを占めている。また、DelphiのCEO ケヴィン・クラーク氏は、これまでで年間収益が50%の伸びを見せているという。

DelphiとそのパートナーであるQuanery Systems Inc.は、物体との距離を光のパルスを使って測定する「ライダーユニット」を、車の安全性を高めたい自動車メーカーに向け、まもなく売り出すところだ。

「これは、決して虚構ではなく実体の伴った結果である。これら商品はコンシューマがお金を支払ってでも欲しいものだろう」と、クラーク氏は語った。

デイビッド・セグウィック氏とのインタビュー中に、ライダーや48ボルトの電子システムといった今後の技術について質問した際、クラーク氏はある重要な情報を提供してくれた。

「アクティブセーフティ技術に関して言えば、これまでDelphiが注力してきたのはレーダーや画像システムであった。今回の『ソリッドステート・ライダーユニット』が市場に登場するのは、2021年頃になる予定だ。自動車メーカーの取り組みがこれから本格化すれば、より早まる可能性はあるだろう。」

Delphiはシンガポールにおける配車サービスに向け、多くの自動運転車を来年、同国に投入予定である。同様の自動車は、来年1月にネバダ州ラスベガスで行われるConsumer Electronics Show(CES)で展示されることになる。

センサーに需要がある限り、画像認識やレーダー、ライダーの類の需要もなくならない、とDelphiは考えている。これら技術によって、あらゆる環境下で最適なデータ収集が可能となる。自動車メーカーが、一台あたり4つのライダーを付けるとすれば、単価が250ドルほどであることから一台あたりのコストは1,000ドルになる。

将来の成長を見据えるDelphi

アクティブセーフティ関連商品がDelphi最大の収入源かという問いに対し、クラーク氏は次のように答えた。

「正直なところ大きな収入源は、他にもいくつかある。我々が注力しているのは、安全性、エコロジー、コネクテッドの3分野だ。これらのカテゴリは、それぞれ我々のメインプロダクトである、電子アーキテクチャ、パワートレイン、電子部品と関わりがある。車をいかに安全にするか、いかにCO2の排出量を抑えるか、いかに燃費を向上できるか、そして、いかにコネクティビティを増すか、が我々の焦点である。」

※パワートレイン:エンジンでつくり出された回転エネルギーを効率よくタイヤに伝える装置のこと

これらの分野でDelphiには、もっとも売り上げを伸ばしている部品がある。電気自動車向けの「パワートレイン」と「動力周りの電子部品」だ。Delphiは、『48Vシステム』で3つのプログラムにおいて評価されており、うち2つは来年のローンチを待っている状態だ。Delphiは、48Vシステムのインバータと動力周りを担当しており、2025年には15%以上の車に48Vシステムが備えられると考えられている。

そういった需要の高まりと成長から、Delphiは、ソフトウェアおよびシステムエンジニアを今の倍に増やす予定だという。同社は、現在2万人のエンジニアを抱えており、そのうち5,000名がソフトないしシステムのエンジニアである。

さて、Delphiは非常にうまくやっていると言える。このままいけば、あと数年で驚くべき進歩を遂げることになるだろう。