DJI JAPAN株式会社は、ラグビーチームであるサントリーサンゴリアス が、選手のプレー分析と改善にDJI のInspire 1を導入したことを発表し、選手や監督の生の声を収録したUAV活用事例動画 DJI Stories「Aggressive Suntory Rugby -新たな視点から世界を攻める-」を公開した。

サントリーサンゴリアスは、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチームで、計12回を誇るタイトルを獲得し、今年のワールドカップに参加したメンバーも揃った強豪チーム。「勝つ」という事にこだわり、練習の様子を撮影棟や地上からビデオカメラで定点撮影・録画し、アナリストがプレーを分析することで、選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう対応してきた。しかし、地上での横からの撮影だけでは、分析に十分な情報を得ることは難しいものだったとのこと。

そこで、操縦方法を習得すれば飛行が安定し、最適の位置から撮影することができるDJI Inspire 1を導入。練習の空撮は今までにはなかった情報と新しい分析の手法を提供した。撮影した映像はチーム内で共有され、選手自身がプレー映像を確認したり、コーチが選手の特徴や課題、改善策を各選手に示している。また、サントリーサンゴリアスでは、グラウンドを囲むネットの高さを上限高度としてInspire 1に設定し、UAVがグラウンドから出ないよう安全運用の対策もとっている。

このようにドローンによって、練習風景の空撮映像を分析する手法は今後ラグビーのみならず、サッカーなど様々なフィールドスポーツで活用されていくのではないか。

Pocket