Pocket

株式会社FFRIは、MITB(Man in the browser)攻撃からネットバンキングユーザーを保護するウェブブラウザー保護製品「FFRI Limosa Version1.4」の出荷を11月30日に開始した。

警察庁の発表によると、2015年上半期のネットバンキングに係る不正送金被害額は約15億4400万円で、昨年下半期の同被害額(約10億5800万円)の約50%増という過去最悪のペースで急増している。また、ネットバンキングの不正送金に関する犯罪の手口としては、従来型の単純なフィッシング詐欺は減り、現在では新たな脅威であるMITB攻撃が増加しているという。

MITB(Man in the browser)攻撃とは、ネットバンキングユーザーの利用端末にマルウェアを感染させ、ユーザーがネットバンキングサイトにログインした際にWebブラウザの画面を書き換えて認証情報を奪取したり、送金情報を不正に変更したりしてしまう攻撃手法。

yyyy

「FFRI Limosa」は、Webブラウザの堅牢化に特化した防御型のソリューション。検知型のソリューションと違い、ユーザーが操作したり、判断したりする必要もなく、ネットバンキングユーザーのリテラシーに依存しないセキュリティレベルの向上を実現。染していた場合でも、マルウェアによる介入を防ぐことで、安全なブラウジング環境を提供する。

Pocket