先月、ハリウッドで行われたOculus VRの第二回年次開発者会議で、サムスン上級副社長のピーター・クーは、初となる消費者向けGear VRヘッドセットを発表した。

この新バージョン製品は、年末商戦に間に合うよう11月中に市場に出回る予定だ。より使いやすくなったタッチパッドや、22%も重量を減らした快適なデザインなど、さまざまな改良点が売りである。

MTMzMjU5Nzc3NDIwNjA5NTQ2

また、Galaxy S6、S6 Edge、S6 Edge+、Note 5などを含め、サムスンの最新の主力携帯電話すべてに対応している。

MTMzMjU5Nzg5NTAwMjE1MjY2

「昨年末、OculusとサムスンはGear VRのイノベーター・エディションに着手するため提携を行いました」とクーは述べた。続けて、以前のGear VR Innovator Editionのゴーグルは「ガジェット愛好家や開発者向けであり、ハードウェアではなく、ユーザーがVRの限界を押し広げられることを示すためにリリースされたもの」だと語った。

しかし、この新モデルは「主流となるように設計」され「あらゆる人のためのバーチャル・リアリティ」を実現するという。

フェイスブックの子会社であるOculusは、独自の消費者向けのヘッドセット、Riftの開発に取り組んでおり、来年のリリースが予想されている。一方、フェイスブックも、ユーザーのニュースフィードに360度視野の動画を導入し、仮想現実に関心を集められるような取り組みを行っている。

できるだけ多くの消費者が確実に手に入れられるよう、サムスンは端末の価格を99ドルに設定した。この額は、ヘッドセットを使うのに必要なスマートフォン(むろん、全額ユーザーの負担である)よりもはるかに安価だ。

画像提供:Adriana Lee for ReadWrite

Pocket