この投稿は、同時配信ニュースサービスのFerenstein Wireで配信されたものを編集しています。お問い合わせは、著者および発行人のグレゴリー・フェレンシュタインまで、メールにてお願い致します。

NYのNew Schoolで行われたスピーチで、大統領候補のヒラリー・クリントンは彼女の考える経済ビジョン(的なもの)について持論を展開した。その中にはUberやAirbnbの様な企業が影響を受けるかもしれない点も含まれているが、内容に不明瞭な所がありシェアリングビジネス業界全体は頭を悩ませている。

クリントンは「ウェージ・セフト(賃金泥棒)と呼ばれる行動により労働者を不当に自営業者扱いする事を厳しく取り締まる」と述べた。また彼女は次のようにも言う。「所謂ギグ・エコノミーは労働機会を提供しているかもしれないが、職場の保護および良い仕事とはいかにあるべきかという面において大きな疑問も提示している」

彼女は多くの個人契約により成り立っているビジネスを引き合いに出したが、このモデルは技術系企業では良くあるものだ。

クリントンが詳しく話したわけではないため、彼女がこれら企業にとってどの様な立場を示すのかについては明らかではない。しかしスタートアップ企業および投資家たちにとっての将来の予測が難しいものになるかもしれない。政府レベルで反対の立場を表明されれば、フリーランスモデルを採っている企業に投資することは特に難しくなるだろう。

政策について

カリフォルニアの委員会では最近Uberに、同社で働くドライバーにフルタイムの労働者に支払うのと同じだけの給与を支払うよう命じた。これが前例となれば個人契約モデルは成り立たなくなる恐れがある。

すでにShypなどいくつかの企業は労働条件の見直しを始めている。(Shypは判例が出たことと見直しを始めた事は関係ないと否定しているが)

だが事態は複雑性は、この問題が抱えていると思われるある簡単な構図を覆い隠している。

フルタイム労働者を全員同じ待遇で平等に扱う事はフェアなことの様に思える一方、しかしそのようなビジネスは健康保険や残業代などの高い支払いに苦しむことになり、企業がより多くの人を雇い入れたり、フリーランサーが柔軟な条件で働くことの妨げになるという点だ。

様々な技術系企業同様に、スタートアップ企業やそれに投資する人も労働条件や、またその条件を定めた人について注意を払わざるを得なくなる。フリーランスの労働人口が経済および中産階級に与える影響を考えると、選挙活動における論点として取り上げられるのはこれが最後ではないだろう。

ギグ・エコノミーに対する立場が明確な議員が一人いる。Politicoのマイク・アレンによると、共和党のジェブ・ブッシュはサンフランシスコへの出張の際、Uberを利用することでシリコンバレーのスタートアップ企業への支援する立場を明らかにしようと考えている。見え透いた作戦だが、少なくとも彼がどちらについているかは明らかだ。

イノベーションの敵だと呼ばれないためにも、クリントンは早々に詳細を明らかにするべきだ。

さらに記事を読むには、ここからFerenstein Wireのニュースレターを購読してください。

トップ画像提供:Marc Nozell

Pocket