グーグルはAndroidアプリの開発者に向けて、アプリ開発を容易にする初のAndroid Studio公式版を発表した

Android Studioは、Android 向けソフトウェアツールであったEclipseに大幅な改良を加えている。改良例として、シンプルなスタートアップ、賢いコード編集機能、開発中のコードからのアプリを「ビルド」する際のオプションの追加などが挙げられる。この新しい開発環境は人気Java開発環境であるIntelliJ IDEAのコミュニティ・エディションをベースに構築されており、インターフェースの面でもコード解析においても先行版を上回る改良がなされた。

グーグルは昨年夏に行われた「Google I/O 2013」で Android Studioのプレビュー版を発表した。ソフトウェア開発とテストに使用されるこのツールは、Androidのアプリ開発に飛躍をもたらす存在として、発表当時も歓迎を受けた。そこから改良がなされたのだから、今回リリースされた安定版は、アプリ開発者にとって心強い相棒となるはずだ。

MTI2NTM1NDIwNjYwOTc4OTYy

Android Studioでは以下のような機能が提供される。初回セットアップウィザード、サンプルのインポート、コードテンプレート、エミュレータなどだ。また、複数の画面サイズや言語、APIバージョンでAndroidデバイス上のレイアウトを確認できる「ユーザー・インターフェース・デザイン」も組み込まれている。

発表の中で、Androidのプロダクトマネージャー、ジャマール・イーソンはこのように述べている。

Google Chromeのリリースチャンネルと同様に、Android StudioはStable、Beta、Dev、Canaryの4種類のチャンネルでそれぞれ最新版が提供される予定です。Canaryは最新ビルド版のため安定性は保障されないもので、安定版は完全にテスト済みのものです。このように複数のリリースチャンネルがあるので、Android Studioの最新の機能をどのように使うかは自分で選択することができます。

読者が開発者用プレビュー版を使用していたなら、このリリースにはいくつかのバグ修正と、機能の改善も含まれていると言っておこう。アプリ開発に使用するGradleプラグインのバージョン1.0もその一つだ。「Android StudioとGradleプラグインの連携は安定し、一方をアップデートすればもう一方をアップデートする必要はありません」とイーソンは述べている。

より詳しい情報、およびAndroid Studioのダウンロードは、開発者向けポータルサイトにアクセスしてほしい。

トップ画像提供:Ash Kyd

Pocket