グーグルは来年から、いくつかのポピュラーな製品の12歳以下の子供向けのバージョンの開発に着手する計画であると、同社の幹部がUSA Todayに語った。子供向けバージョンとして想定されているのは、広く使われているグーグル検索やYouTube、Chromeであるとグーグルの副社長Pavni Diwanji氏は述べている。

この試みは、同社のバーチャルキャンプ「Maker Camp」やコードベースの「Doodle 4 Google」コンペティションといった、最近の子供を対象とした企画や取組みの一貫だ。

より多くの子供に学校や家庭でグーグルを使ってもらうことでグーグルは、彼らの目標でもあるインターネットがより安全になり、テクノロジーがよりよい方法で使われていくことを目指したいとしている。もちろん、これはこの企業が子供のデータを収集するのではないかと心配する両親などからの反発に直面する可能性がある。

トップ画像提供:jacinta lluch valero

Pocket