iCloudがハッキングされ、大勢の女性セレブ達のプライベート画像が流出した事件について、被害者のひとりであるジェニファー・ローレンスが、彼女が体験した著しいプライバシー侵害について口を開いた。

ハンガー・ゲームの出演女優であるローレンスは、「あれらの写真を見た誰もが、性的犯罪を存続させているのです」と近日出版のVanity Fair誌のインタビューで語った。そして「恥を知りなさい」と続けた。

関連記事:今回、ネット上の誰もがヌード写真流出の被害者を非難しているわけではない

8月下旬、何者かが多数の女性セレブのiCloudアカウントに不正アクセスをしたのである。そして彼女たちのプライベート写真が、掲示板サイト「4chan」やソーシャルニュースサイト「Reddit」に、自慰を意味する俗造語である「the fappening」の名前で流出したのだ。

画像は、広く拡散されインターネットのプライバシーやセキュリティ面についての大きな議論を引き起こした。同様にこの議論は、インターネット上でのあからさまな性差別や4chanやRedditにはびこる有害な匿名コミュニティのあり方にまで及んだ。

アップルは、iCloudシステム自体のセキュリティ侵害は否定するコメントを公表した。今回の事件は、パスワードを推測する不正アクセスやパスワードの組合せを試す総当たり攻撃によって行われた「標的を絞った攻撃」であると語った。同社は、非常にプライベートな写真がオンライン上に流出されるという衝撃的な事件後、セキュリティを強化し、iCloudの使用方法についてもさらにユーザーの知識を高めるよう努力することを約束した。

今回の流出事件について、アップルは直接的な責任は免れたかもしれない。しかし、その原因のひとつとして考えられる、iCloud上での個人情報保護の難しさが浮き彫りになったとも言えるのではないだろうか。

被害にあったセレブ達は、この行為に対して憤りをあらわにしていたが、人気女優であるローレンスは、口を閉ざしていた。だが、今回自身が表紙を飾ったVanity Fair誌に心境を語り、今回の事件は「性犯罪」であると断言し、4chanといったサイトを厳しく非難した。

「これは、スキャンダルなんて程度のものではありません」と同雑誌に語った彼女は、「これは、性犯罪です。性的暴行です。非常に不愉快な行為。法改正が必要で、私たち自身も変わる必要があるのです」と主張した。

さらに、「だからこそこれらのウェブサイトにも責任があります」とローレンスは続ける。「誰かが性的な食い物にされ、性的暴行を受ける可能性がある。そして誰かがそれを利用して利益を得ようと考える。全く私には理解できない。どうしてそのような非人間性的なことができるのか。思いやりを忘れ、他人に対して無頓着な心を持った人をとうてい理解できないし、そんな人たちの心の中は、哀れでただ虚しいだけです」と語った。

トップ画像提供:Gage Skidmore

Pocket