デスクトップのMacファンは最新のMac OS X Yosemiteの公開を待ち望んでいるが、そのリリースに向けた準備が着々と進んでいる。

本日アップルは、開発者向けにゴールデンマスターの最初の候補版をリリースした。ゴールデンマスターはソフトウェアの正式公開に先行してリリースされるため、今回のゴールデンマスターの候補版1.0の公開によって、このソフトウェアの正式デビューがまた一歩近づいたことになる。

関連記事:OS X Yosemiteの新機能まとめ

今回のデスクトップとラップトップ向けソフトウェアのメジャー・バージョンは、iOS iPhoneソフトウェアとMacパソコン間のギャップを埋めることを目指している。スマートフォンとコンピューター間のスイッチングをよりシームレスにする変更と同様に、その概観についてもiOSと統合される。このリリース候補版1.0はアップルが月曜日にモバイルのアプリ開発者に向けてiOS 8.1ベータ版をリリースしてすぐその後に公開された。

MTI0OTM0MTIyMDk4NDU0NDk4

新しいMacソフトウェアは来月、正式にリリースされると予想されている。しかし開発者は、最新の「build 14A361c」(857MB)をダウンロードすることで本日からその対応作業に着手することが可能だ。

Pocket