アップルの高額スマートフォン、iPhone 6の予約数が過去最多を更新している中、Androidは、新興市場をターゲットにした安価な携帯電話に勝負を賭けている。

関連記事:iPhone 6が記録的な滑り出し – 24時間で400万台もの予約を受け付け

グーグルは、9月15日にインドでイベントを開催し、低価格スマートフォン「Android One」の販売開始を発表した。6月のGoogle I/O開発者会議で開発計画を明らかにした同社は、低コストのモバイル・プロセッサで知られる台湾のチップセット・メーカー、MediaTekと共同で開発に取り組んでいた。

チップも準備万端!

Android部門チーフのサンダー・ピチャイは、以前BBCに「私たちが目指したゴールは、接続性に優れた、ハイクオリティで低価格なスマートフォンを世界に発信することでした」と述べている。

また、OEMメーカーが、生産工程を簡略化し、低コストで製造できるように、GPU、メモリ容量、バッテリーの種類、カメラやCPUといった所定のハードウェア・オプションをセット化する予定だとも述べていた。

MTE5NDg0MDYzNzEzMTAxMzI3

そのオプションとは、MediaTek製MT6582 Mobile System-on-Chip(Mobile SoC)の搭載だ。Micromax、KarbonnやSpiceといったグーグルの提携先であるインド゙のスマートフォン・メーカーにこのプロセッサを提供することにより、低価格スマートフォンの販売が実現するのだという。

この台湾製のSoC(ひとつの半導体チップ上に必要とされる一連の機能を実装するためこう呼ばれる)は、クアッドARM Cortex A7プロセッサをベースとしている。このプロセッサは、高パフォーマンスを実現する最先端CPUとは決して言えないが、低価格スマートフォンとしては十分な機能を果たすと思われる。

しかし、チップが使えなくなると・・・

残念なことに、今夏、MediaTek製SoCを搭載した一部のスマートフォンにリモート攻撃に利用される恐れのある脆弱性が見つかるという悪いニュースが流れた。

中国などでは、MediaTek製チップが一般的に使用されており、中国のハイテクサイトGizChina6月に報じた内容によると、「=」(半角イコール)だけが記載されたSMSを受信すると、勝手に再起動されてしまうというのだ。

Korben」(リンク先はフランス語)を名乗るブロガーによると、MediaTek製チップセット言語において、「=」は「シャットダウンと再起動」を意味するのだという(実際にプログラムに侵入するデモ動画を見るには、Youtubeへ)。

このセキュリティー上の弱点に対してどのような対処が講じられているのか、または、新しいAndroid Oneに内蔵されている1.3GHz MediaTek MT6582 SoCチップに対して影響はあるのか、といった点は今のところ不明である。

「Android One」ブームの予感

総合的に見て、今回発表されたMicromax、Karbonn、Spiceが製造した3機種の端末仕様は、かなり優れているといっていいだろう。

その性能は、4.5インチ液晶ディスプレイ、1GB RAM、背面5MPカメラ+前面2MPカメラを備え、クアッドコアMediaTekプロセッサ、デュアルSIM対応、microSDカードスロットに拡張可能ストレージを内蔵し、FMラジオ機能も搭載と幅広い。また、ヒンディー語など様々な言語に対応し、Google Play Newsstandでは、ローカル・ニュース等を配信するという。

Android Oneは、9月15日よりインドで販売を開始し、価格は6399インドルピー(約105米ドル)となっている。グーグルは、Android Oneのパートナー企業に、地元メーカーMicromax、Karbonn、Spice、チップメーカーのMediaTekだけでなく、Acer、Alcatel Onetouch、ASUS、HTC、Intex、Lava、Lenovo、Panasonic、Xoloといった端末メーカーや製造元、そしてチップメーカーとしてQualcommが加わったことを発表した。

グーグルはこういった提携により、ディスプレイ・サイズや色、ハードウェア・スペックやカスタム・ソフトウェアの面で様々な種類のAndroid Oneが登場することに期待を寄せている。

グーグルは、Android Oneを今後インド市場だけでなく、2014年末までにインドネシア、フィリピン、南アジア(バングラデシュ、ネパール、パキスタン、スリランカ)で展開し、2015年以降も対象国を拡大していく予定だ。

下の動画は、グーグルが公開したAndroid Oneのプロモーション・ムービーである。なぜだか不明だが、この中でAndroid One商品自体の映像やその機能についてはほとんど触れられていない。詳細を知りたい場合には、グーグルのブログでチェックするといいだろう。

画像提供:
トップ画像:Google promo video
Android One商品画像:Google

Pocket