みんなパニック!インスタグラムがついに広告を開始
Pocket

インスタグラムは以前告知していたとおり、やはり米国ユーザー・フィードへの広告導入を「ここ数ヶ月のうちに」開始するようだ。インスタグラムは「ユーザーがフォローしていないブランド」の広告を徐々に投入する予定であり、広告を「ハイクオリティな写真と動画」として配信する、と述べている。

既にインスタグラムの常連ユーザである一部のブランドが、まずは広告を開始することになるだろう。インスタグラムは最初の時点でどの会社が参加するかについては詳しく述べていない。同社は、広告機能は継続可能なビジネス構築のための次のステップであるとしているインスタグラムの動画機能がアプリ内広告への第一歩であると予想していた人々にしてみれば、今回の発表は特に驚くに足らないだろう。

ユーザは、自分が目にする写真や動画を多少はコントロールすることが可能だ。広告を非表示にしたり、インスタグラムにフィードバックを送るなど、フェイスブックやピンタレストと同じような操作はできるようだ。

有名な画像ブックマーク・サイトであるピンタレストも、先月同様の広告機能を始めている。インスタグラムもピンタレストも、広告がユーザーに効果的にアピールできるよう、広告の質を趣味の良いスマートなものにすると約束している。

インスタグラムは自社のブログで、「私たちの目標は、皆さんがインスタグラムでお気に入りブランドの写真や動画を楽しんでいるのと変わらないくらい自然に感じていただける広告を作ることです」と述べている。

Pocket