OS X Yosemiteの新機能まとめ

アップルのモバイルOSとデスクトップOSは長年にわたりお互いに歩み寄ってきた。本日発表されたOSX Yosemiteで、ようやくこの二つが統合される。

iOS7のフラットで明るいデザインが披露されて以降、いずれデスクトップ版のOSXも見栄えが一新されると予想されていた。今回のOSXのデザインは「明瞭さ」と「実用性」がテーマとされ、久々の大型変更となる。Yosemiteではツールバーやウィンドウが、壁紙や背景色に自然にとけ込む。

OSX YosemiteではiOSと同様に、通知センターにも大幅な改造が行われた。iOSと同じく「Today」という項目にリアルタイムで天気や予定の通知が表示される。また、クリック&ドラッグで他のウィジェットを追加することも可能だ。「Messages」等のアプリには上下に伸びる透明なサイドバーが備わり、使い勝手が向上した。

マックの検索機能「Spotlight」にも、ユーザが待ち望んでいた変更が行われた。デスクトップの右上に虫眼鏡アイコンがある点は以前と変わらないが、アイコンをクリックすると画面中央にポップアップ画面が表示され、アプリ、ファイル、ウィキペディア、ウェブサイトが検索可能となった。また、連絡先やカレンダーを含むアップルのiCloudソフトウェアも検索対象となる。

ブラウザに関してはSafariがアップデートされ、より高速な3Dグラフィックを実現するWebGLへの対応を果たしている。本来の強みであった省電力性能にも磨きがかかった。アップルによれば、Chromeのようにバッテリーを消耗しやすいブラウザに比べると大きな差が感じられるという。ちなみに最新のSafariは、上述した新Spotlightとも連携している。

さらに、Airdropの拡充も取り上げたい。YosemiteではAirdropを使ってマックとiOS間でのファイル転送を瞬時に行うことが可能となった。こんなに便利な機能が何故これまで無かったのかが不思議だ。また、アップルが「continuity」と呼ぶ新しいシステムを利用すると、iPhoneで途中まで作成したメールの続きを、マックで書き続けることが可能となる。

アップルはこれまで色々と苦戦してきたが、iOS8とYosemiteによってようやく二つのOSをシームレスに動作させることに成功した。

OSX Yosemiteをいち早く使ってみたい人はデベロッパー・プレビューに参加するといいだろう。アップルの新しいデベロッパー・プレビュー・プログラムから、ベータ版にアクセスすることが可能だ。

Pocket