Pocket

フェイスブックもアップルも、モバイル端末でニュースコンテンツを見るのに、より便利なサービスを作り上げてきたと自認している。すなわち、ロード時間が短く、掲載される広告も少ない、自己完結型のアプリだ。だが、グーグルも戦わずして居眠りを決め込むつもりはないようだ。

その成果がAccelerated Mobile Pages(AMP)Projectである。これはオープンソース化された新しいHTMLの規格だ。既存のウェブ技術を用いたあらゆるページで利用可能であり、フェイスブックやアップルがしているのと同じことを正確に実行する。つまり、ページを瞬時に表示し、広告が品よく収まるよう構成することだ(もちろんグーグルのことなので、広告は入ったままであるが)。

新たなフレームワークが呼び出されると、HTML、CSS、JavaScriptで読み込みが大変な部分や、より多くのコンテンツが必要な際、グーグルがウェブマスターにカスタム要素と取り換えてもらいたい部分をAMP HTMLが切り離す。追加されたカスタム要素は、TwitterやYouTubeなどからのハンドラ情報を埋め込むだけでなく、画像や動画の所有者を含めたパッケージの一部となる。また、Lightboxやカルーセル・コンポーネントも付属している。

今後コードが新しくなるに従い、この規格によって、ウェブページはもっと速く表示されるようになるはずだ。

ウェブを加速する

「ニュース記事や、比較的似ている静的なコンテンツを消費する際は、ページの読み込みに時間がかかり、非常に遅いことがよくあります」とAMPのプロジェクト技術主任、マルテ・ユーブルは言う。ユーブルは、テキストが表示された後、広告や画像を表示するのに数秒かけてページが構成される例を挙げた。「結果として、スクロールが変になって不愉快な思いをし、ユーザーは読む気を削がれてしまう場合が多いものです」。

このように困難な問題に対し、ユーブルは範囲を削減し、一つの領域に焦点を当てるというアプローチを取った。「今日のウェブは多様な内容を含んでいます。アプリケーション・プラットフォーム、eコマース・プラットフォーム、コンテンツ・プラットフォーム、ゲーム・プラットフォームなどなど。われわれは静的なコンテンツのみに集中することにしました。最適化を根本的に行うためのアプローチに向いており、全体に適用するのが容易であったためです」。

AMP Projectのコードは現在、GitHubで公開されており、ユーブルは、ウェブ・コミュニティ全体との「対話を始める」のがその目的だと述べている。広告に関するルールは、その他の種類のページ・コンテンツと同じである。人に迷惑をかけなければ、サイトへの出入りが可能、ということだ。

グーグルに関係すること

モバイルのユーザー・エクスペリエンスを改善し、オンライン広告を一掃しようとするアップルの試みと同調しながら、グーグルはウェブ開発者やコンテンツの発行者と一挙に強固な関係を築こうとしている。

TwitterやPinterest、WordPress、Chartbeat、Parse.ly、Adobe Analytics、LinkedInなどはすでに参加しており、パートナーとなるサービスはまもなくもっと増える予定だと同社は述べている(この発表を先取りした裏話はたくさん出てくるだろう)。

グーグルはユーザーの同意や有料コンテンツの壁に対する支援を行うと約束し、また世界中で高速アクセスを提供するため、サイト運営者のコンテンツを独自サーバーに無償でキャッシュすると申し出ている。フェイスブックのInstant ArticleやApple Newsの脅威から逃れたければ、ウェブ・コンテンツの発信者やウェブサイトの開発者を引き留める理由が必要だということを、同社は知っているのだ。

画像提供:Google

Pocket