アップルがiOS7のiMessage関連バグを修正すると保証
Pocket

アップルの最新版iOSによる被害が広まっている。iOS7がリリースされてからの2週間、ユーザーはデザインやバッテリーの持ちやセキュリティ・ホール(ロックスクリーンを回避できてしまうバグ)について文句を言い続けてきた。

iOS7で見つかった最新のバグは、iPhoneやiPadの根幹に関わる機能、iMessageで発生したものだ。ユーザーからの報告によると、アップルのiMessageテキストシステムでメッセージが送れない、もしくはかなり遅れて届くといった不具合が起きているようだ。不具合が起きた場合はメッセージの横に、びっくりマークと共に「メッセージを送信できません」というアラートが表示される。多くのユーザーは、アップルがiOS7.0.2を公開してからこの不具合が発生するようになったと述べている。例のロックスクリーンに関するセキュリティ問題をフィックスした後、新たに発生した問題ということだ。

iMessageアプリは通常、メッセージの送信に失敗した場合はタイムアウトすることが想定されている。しかしユーザーの報告では、メッセージのステータスはずっと「送信」のままになっているという。こうなった場合、端末を再起動するか、iOS7の設定画面でiMessageを一旦オフにし、再度オンに戻すとメッセージが送信されるようだ。しかし、デバイスやiMessageを再起動してもエラーが解消されるわけではないので、これは一時しのぎの対策に過ぎない。

imessage_settings

アップルはウォール・ストリート・ジャーナルに、このバグをフィックスしたiOS7のアップデート(iOS7.0.3)を早急に公開する予定だと述べている。9月18日にiOS7をリリースして以来、2度目の公式アップデートとなる。

ウォール・ストリート・ジャーナルに載ったアップルの声明は以下の通り。

アップルは声明の中で次のように述べている。「我が社は一部のiMessageユーザーに影響を与えている問題について認識しており、今後のソフトウェア・アップデートで修正を行う予定です。それまでの間、この問題に直面しているユーザーの皆様はアップルのトラブルシューティングを参照していただくか、AppleCareにコンタクトを取り、問題解決に役立ててください。この度はユーザーの皆様にご迷惑をお掛けして申し訳ありません」

iOS7のベータ版が公開された激動の夏以降、新OSに対する苦情や批判が相次いでいる。アプリケーションのテスト会社であるuTestは最近になって、iOS7のベータ版にはこれまでのiOSベータ版の「2倍」に及ぶバグが含まれていたと語っている。それらのバグの一部が公開版のリリースにも残っているのだろう。

アップルの頭痛の種は、iOS7の需要が膨大だったことによって増幅されてしまった。iOS7のベータ版は、他のどのバージョンよりも多くダウンロードされ、ほとんどの人はiOS7がリリースされたその日の内にアップグレードを行った。こうしてアップルの最新OSに公衆の目が集まった結果、全ての過失や不具合やバグがあちこちで書き立てられ、不満が溢れだしてしまったのである。

Pocket