ツイッターのクラッシュレポートツール「Crashlytics」がアップルに見捨てられたアプリ開発者を救う

ツイッターが所有するクラッシュレポートツール「Crashlytics」は現在、iOS と Android 用のベータ版配布ツールに取り組んでいる。これによってモバイルアプリのテストはもっと楽になるだろう。

これまで TestFlight を使っていた開発者にとっては朗報だ。というのも、アップルが先月 TestFlight の企業である Burstly を買収した後、同社は Android 向けのサポートを中止してしまったからである。

Crashlytics は一部の開発者に向けて非公式に配布ツールのテストを行っていたが、より多くのユーザーがツールを使えるようになった。興味のある開発者の方は Crashlytics のサイトからサインアップが可能だ。

Crashlytics は昨年の1月、ツイッターに買収されている。

画像提供:Crashlytics

Pocket