Google's Mobile Challenge
Pocket

Googleのプランはいつも明確であった。より多くの人がインターネットを使うようにし、検索の際に出てくる広告により多大なる売上を得るということ。これにより、インターネットユーザーあたりの年間売上は$6.30となっている。

だがGurdianのチャールズ・アーサーが暴いたとおり、残念ながらこのプランは問題にぶつかっている。デスクトップユーザーが減少し、モバイルデバイスが押し寄せるにつれ、「Googleのプラットフォームは、新しいユーザーにとって、昔と比べると価値が低くなっている」ということだ。

更にはっきり言うと、「モバイルにおける検索はGoogleにとって大きな課題である。人々はモバイルではこれを利用しない」

まったく使われない検索、ではどうすればいいのか?

この結論に至るにあたり、アーサーはGoogleの公になっている数字についてふれている。 現在18億台のスマートフォンが中国を除いたところで使われており、(Googleは中国では強い存在感を打ち出せていない。もっとも状況を改善しようとはしているが)モバイルでの検索数は毎月500億件にも上るという。

英文科卒の自分のようなものにとっても数字から導き出されるものほどわかりやすいものはない。1日1デバイス当たりのモバイル検索数は0.925。この残念な結論について私がわざわざ述べるまでもないだろう。Googleにとってモバイル検索から得られる収入はあまりに少ないということだ。

アーサーがいう様に、同じことはデスクトップユーザにもあてはまる。だがデスクトップは常に使われているわけではないという事を考慮すると、1日1ユーザあたりの実質的な検索数は1件以上になる。さらに重要な事だが、ネット検索を行わない層からヘビーユーザーまでの分布も大きく異なる。「1日7件以上の検索を行う人の割合はデスクトップでもモバイルでも5%前後とほぼ変わらないが、モバイルの場合全く検索を使わないユーザーの数ははるかに多い」

「Googleにとって次のような問題がある。PCユーザーの数に変わりはない、あるいは減少している。だがスマートフォンの所有者は増加している。そして後者は検索を使わない傾向があるため、Googleの収入源である広告を彼らが目にする機会も少ない」

ではどうすればいいのか?

アプリが広告を駆逐する世界

その答えは「アプリ」だ。

周知の通り、スマートフォンの用途の90%はWebではなくアプリによって占められている。もちろんそのアプリを使ってる時間は、TwitterやFacebookアプリを通して記事や動画を観ているWebの時間でもある事はある。それでもほとんどの人がモバイルを触っているときにブラウザでWebを観ている時間はそれほど多くない。

これはGoogleにとって大きな課題なのかもしれない。

だがこれはAppleにとっては素晴らしい事だ。アーサーは次のように述べる。「モバイルにおいて検索は決定的なものではない。だがAppストアに豊富なアプリがそろっているという事は決定的な要素だ。実際の検索はそこで行われている。」

Appleの2015年のアプリの収益は200億ドルにのぼり、うち60億ドルは自社のものだ。Googleのモバイル検索の収益120億ドル(2014年は118億ドル)にはおよばないが、AppleのAppストアは一気に50%の成長をみせており、これに陰りが出る様子はない。また噂では、GoogleはiPhoneのデフォルト検索エンジンで居続けるため、Appleに去年10億ドルを支払ったとされる。

GoogleはAlphabetとして再編され、コアとなる広告ビジネスに集中しつつ、収益を上げる他の道を模索している。検索の頻度も含め、モバイルが全てを変えたということに、Googleはギリギリのところで気が付いたわけだ。

Googleのモバイルでの挑戦は今、はじまったばかりだ。

Pocket