Facebookの最新「塩漬け」データセンターに潜入!
Pocket

Facebookは今や(ほぼ間違いなく)、神様よりも多くの情報を保有している。

しかし一体どうすれば、全知全能規模のユーザーデータを保管できるのだろうか?正解は、空母エイブラハム・リンカーンくらいの大きさのカスタムメイドなサーバーストレージを構築し、オレゴン州高地砂漠の風吹きわたる台地に設置する、だ。

オレゴン州プラインビルにあるFacebookの新しいデータセンターは、同社の特殊かつ膨大なニーズに徹底的に合わせて設計された、超エコな「コールド・ストレージ」プランを採用している。

2011年にFacebookの提唱によって始まった、サーバーのハードウェア仕様を共有化する「オープン・コンピュート・プロジェクト(Open Compute Project)」のオープンな思想のおかげで、我々は先週誕生したばかりである同社のコールド・ストレージ・データ複合施設を訪れることができた。そう、あなたが昔Facebookに投稿した古い写真もそこにあるのだ。いや実際にその写真を見たわけではないが、代わりに我々は色々なものを目にした。

31-IMG_0209-001

ゲートをくぐると、ソーラーパネルがずらりと並んでいる。年間300日の晴天を誇るプラインビルの気候を有効に活用しているようだ。

32-IMG_0212-001
02-IMG_9919-001_0

Facebookで一番「熱い」サーバー。技術者があらゆる軽量ユニットを2分以内に、ダウンタイムなしで修復できるように設計されている。

01-IMG_9923-00105-IMG_9947-001

サーバープラットフォームのエレガントでシンプルなデザインは、Facebookのオープン・コンピュート・プロジェクトによって生みだされた。

06-IMG_9956-001
07-IMG_9961-001

暖められた空気を運ぶ回廊によって、熱気は速やかにサーバーから遠ざけられる。

08-IMG_9965
09-IMG_9966

冷却用の「ペントハウス」は実際には屋根の一部。高地砂漠の冷たい空気を効率よく利用できるように設計されている。

10-IMG_9995-001

外気は広大なフィルターを通過してデータセンター内に流れ込むようになっており、涼しさと清潔さを同時に保っている。

11-IMG_0008-001
12-IMG_0014-001

特殊な放熱孔によってサーバールーム内に冷気を送り込む。

14-IMG_0042-001
16-IMG_0058

屋根の上では、欠陥のある補助発電機の試運転が行われている(ものすごくうるさい)。

19-IMG_0082-001
20-IMG_0083-001
17-IMG_0070-001

サーバーラックが並ぶ回廊にはラベルが貼ってあり、技術者を正しい方向に導いてくれる。

18-IMG_0075-001
24-IMG_0136-001

Facebookの新しいコールド・ストレージ・サーバーのラック。ここには既にユーザーの古いFacebook写真が格納されている。ニュースフィード上の写真やプロフィール写真のように頻繁にアクセスされることがない、「塩漬け」状態のデータ保存に適した設計がなされている。

Facebookの最新「塩漬け」データセンターに潜入!

コールド・ストレージのラックはまだ数が少なくまばらだが、Facebookは2017年までにこのホールを埋めたいと考えている。

25-IMG_0144-001
21-IMG_0097-001

大半のデータセンターの技術革新と同様、コールド・ストレージの設計は「Open Compute project」の反復となっている。

23-IMG_0146-001
26-IMG_0155-001

プラインビルの各施設は、ウォルマート(アメリカのスーパーマーケット)が2つすっぽり入ってしまう大きさだ。そのため、キックボードが常備されている。

27-IMG_0157-001
28-IMG_0176
29-IMG_0182-001

プラインビル・データセンターの全体構想について語る、Google出身のFacebookデータセンター地域ディレクター、ケン・パチェット氏。

画像提供:Taylor Hatmaker

Pocket